法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

アニメ映画『動物農場』


                                                           
H.T.記

 原作は、『1984年』などで知られるイギリス人の作家ジョージ・オーウェルの同名の小説。1954年、イギリス初の長編アニメです。脚本・監督を担当した「ハラス&バチュラー」といえば、1940〜70年代にかけて、ヨーロッパで最大、かつ最も影響力のあるアニメーションスタジオでした。半世紀以上経って、三鷹の森ジブリ美術館ライブラリーが日本に初上陸させました。なぜ今? 

 残酷で大酒のみの農場主に虐待されているある荘園農場。老いた豚メジャーは、牛、馬、豚、羊、鶏、アヒルなど動物たちに奮起を促して息絶えます。「皆よ。生まれた頃の幸せな夢を覚えているか?君たちのこの扱われ方は何だ。未来はどうされるか知っているか」。動物たちは、2匹の有能な豚スノーボールとナポレオンをリーダーとして革命を起こし農場主を追放して自ら農園の主人公になります。「すべての動物は平等である」という理想を掲げ、懸命に働き農作物は豊かに実ります。ある日スノーボールは新しい計画を投票で決めようと提案します。しかし、それを嫌ったナポレオンがスノーボールを倒します。獰猛な番犬たちと太鼓持ちの豚を従えて。やがてナポレオンをリーダーとする豚たちは、農場主の住居に移り住んで贅沢に暮らし、他の動物たちを支配し酷使します。はては献身的に働いた馬ボクサーが事故で労働不能となるや、人間に売却して屠殺場に送ってしまいます。納屋の壁に書かれた戒律は、いつの間にか次のように書き換えられていた。“すべての動物は平等である。しかしある動物はもっと平等である”さて、他の動物たちは‥‥。

 これは、当時のソ連を批判した寓話です。アニメ制作の資金を提供したのはCIAです。
ハラス&バチュラーにもこのことは伏せられていました。スノーボールはトロッキー、ナポレオンはスターリンという説が有力です。しかし、現在、この映画はソ連型社会主義の批判に止まらない普遍性を持つものとして受け止められています。権力を掌握した者は腐敗し、独裁的になり、さらには巧妙に法律を変え、人々を搾取するという人間に対する懐疑であり、このことは資本主義であっても何ら変わりません。まさに、憲法は権力を縛るためにあるという立憲主義の思想をシャープに伝えています。

 映画を日本に紹介したジブリの宮崎駿監督はこう語っています。「今の世の中だと思えばいい。複雑になっているけど、労働者がいて収奪者がいるという仕組は変わっていない。」(11月10日付けスポーツ報知)。「今、日本の労働問題で一番問題になっているのは、人材派遣会社とか臨時職員とか、労働者の多くがきわめて不安定な状態にさらされていて、一回社員になり損なうと、もうずっとワーキングプアの状態で、それは自己責任だってことになっているけど、そういう世の中っていうのは、「動物農場」の後半のあの豚さんたちがお金数えている状況とまったく同じ。‥‥セレブって豚のことでしょ。今、豚は太ってないんだよね、ジムかなんかにせっせと通ってスマートだったりするから。」(公式サイトでのコメント)。

 映画は最後に言っています。「何度でも立ち上がる権利がある」。
 
【映画情報】
製作:1954年 イギリス
日本公開: 2008年12月20日
時間:74分
原題:ANIMAL FARM
監督・脚本: ジョン・ハラス / ジョイ・バチュラー
原作: ジョージ・オーウェル
脚本: フィリップ・スタップ / ローサー・ウォルフ
上映館:東京・渋谷シネマ・アンジェリカ、大阪・テアトル梅田ほかで上映中。全国順次ロードショー
公式サイト

 
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]