法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『わが教え子、ヒトラー』


                                                           
H.T.記

 近年、劇場型政治家が目立ちます。言葉や話し方は政治家にとって重要な技術であり命です。
 ましてや、無名からのし上り自称第三帝国を築き上げたヒトラーにとって、ドイツ国民を戦争にかり立てるうえで、熱狂的な演説は格別の武器でした。

 ナチズムないしヒトラーの残酷さを描いた映画は数え切れませんが、本作品は、ヒトラーの内面に焦点を当てることによって、独裁者の精神の空虚さと、それゆえにこそ大衆を「喝采」によってしか支配しえないシステムを見事に暴露している点で貴重です。ファシズムの国家に限らず、政治の手法はファッショ的な民主主義の国家にも当てはまるものを感じさせます。

 1994年12月25日。空爆されあちこちに残骸をさらすビルも目立つようになったベルリン。連合軍に追い詰められたドイツの宣伝相ゲッベルスは、国民の士気高揚のための起死回生の策として7日後の1月1日にヒトラー(ヘルゲ・シュナイダー)の大演説会を行うことを企画します。100万人を集め、15台のカメラで全国に実況中継するという大がかりなものです。
 しかし、肝心のヒトラーは戦局不振から意気消沈し、うつ状態に陥り、演説どころではありません。そこでゲッベルスは思い切って、かつてヒトラーの演説指導者だった元俳優のユダヤ人教授、アドルフ・グリュンバウム(ウルリッヒ・ミューエ)をザクセンハウゼン収容所から強制的に呼び寄せます。民族の敵に協力することになる教授は悩みに悩みます。そこで教授が出した条件はなんと…。
教授が見た独裁者は、劣等感に苛まれた孤独で気弱な暴君。初めは教授を拒否します。しかし、巧みな指導によって次第に打ち解けてゆき元気を取り戻し、張りのある声も出るようになります。
映画は、実話をヒントにしたフィクションです。声が良くなく、滑らかな演説も不得意だったヒトラーは、ポール・デヴリェというオペラ歌手から何年にも渡って演説技術を学んでいました。デヴリェは回想記も出しています。ヒトラーに精神的なダメージがあったことも判明しています。監督は、この指南役をユダヤ人に変え、戦争末期を迎えた第三帝国の狂騒的なブラックユーモア劇に仕立て直しました。哀れさと風刺に満ちた喜劇的な手法を用いることで、独裁者を突き話して冷静に見させることに成功していると思います。観客席のあちこちから苦笑と失笑が漏れます。「僕らが作ろうとしているのは、本当らしく見えることだ」というゲッペルスの信念を逆手に取っています。
身近にいるような気の弱い人間と社会があのようなだいそれた悲劇を起こしたのはどうしてなのだろう?現代への教訓に満ちた作品です。「善き人のためのソナタ」で名演技をし、この映画でも知性と豊かな愛憎表現がまぶたに焼きつくウルリッヒ・ミューエは、本作品が遺作になりました。


【映画情報】
製作:2007年 ドイツ 
時間:95分
原題:MEIN FUHRER - DIE WIRKLICH WAHRSTE WAHRHEIT UBER ADOLF HITLER
監督:ダニー・レヴィ
出演:ウルリッヒ・ミューエ/ヘルゲ・シュナイダー/ジルヴェスター・グロート/アドリアーナ・アルタラス/シュテファン・クルト/ウルリッヒ・ネーテン
上映館:東京・渋谷ル・シネマにて公開中 全国順次公開
公式サイト

 
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]