法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『闇の子供たち』


                                                           
H.T.記

 予告編を見て、“これは見たくない”と思いました。タイの幼児売買春、人身売買、臓器移植の苛烈な現場を容赦なく映すカメラ。動物でさえ“愛護”が叫ばれているこの時代に、動物以下、家畜以下のモノとして買われ、玩具にされ、殺される幼児たち。梁石日氏の同名の小説のドラマ化です。これでも同じ“人間”? ハード過ぎて映画化にはそぐわないと、同氏は考えていたとのこと。

 しかし、目を背けたくなる現実は、私たち日本人の足元にあります。いや、私たち一人ひとりの中にも“闇”として。そして、目を背け続けて来たからこそ私たちは“闇”から逃れられないのです。阪本順治監督は、情熱的な人気俳優をキャストに配し、大胆に問題提起しています。

 日本新聞社バンコク支局に勤務している記者、南部浩行(江口洋介)のもとに、資産家の日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報が東京から入ります。マフィアや密告者がが入り乱れるアンダーグラウンド。南部は、フリーカメラマン与田(妻夫木聡)とともに、命の危険を冒しながらも売春宿の幼児が生きたまま心臓をえぐりとられるという事実をつきとめます。仕事として報道だけすればいいと割り切りたい彼ら。

 その頃、東京の大学で社会福祉を学んだ音羽恵子(宮崎あおい)が、自分探しとアジアの子供たちのために何かをしたいという思いで、バンコクの社会福祉センターにやってきます。そこで見たものは想像を超えていました。すさまじい格差の中で貧しい家庭の幼児・児童たちが売春宿に売られてゆきます。子供の客は欧米人や日本人。ある日本人の青年が宿に持ち込んだスーツケースから出したのはタイの幼女。ベドファイル(幼児性愛者)の青年はおびえる幼女をもてあそび、ビデオに撮ります。「日本人が他国で子供を買い、その行為や写真をビデオで撮った画像で自慢し合う。ネットで100件近くの画像を見て行くうち、その闇に自分が引きずり込まれるような怖さも感じました」(阪本監督)。
 監禁され、利用されてやがてエイズになった子供たちは黒いゴミ袋に入れられてゴミ収集車に放り込まれます。

 恵子は周囲の忠告を振り切り、そんな現実に切り込んでいきます。警察、軍、密告者。表の社会を支えている裏側の世界に見える希望は一瞬だけです。現実は安易に希望を語らせませんし、そうすべきなのでしょう。人権に関心があることを公言し、9条の改定にも反対している宮崎あおいの気迫に充ちた演技が光ります。

 さらに、やるせないエンディングが待っています。“お前はこちら側にいてそういう世界とは関係ないと正義ヅラしている資格があるのか、単なる人身売買だけの問題ではないぞ”、と人を打ちのめす仕掛けがあると私は感じました。個人としても国家としても。

 人身売買は国際的なものです。「日本は、アジアの諸外国に比べて経済的に豊かなこともあって受け入れ国となっています。とても残念ですが、『人身売買受け入れ大国日本』と言われたりもします」(斉藤百合子氏・恵泉女学園大学)。
  
 映画を観ながら、ふと思いました。これは元従軍慰安婦に対するのと似た意識ではないか。日本の企業社会は、アジアの婦女子を性奴隷として扱う企業戦士を未だにアジアに送り出し、また、借金で縛って強制的に日本に連行しているというのがアジアの構造ではないか。
 元従軍慰安婦の方々の要求の中に、「再発防止と啓蒙のための教育」があります(本橋哲也著「ポストコロニアル」岩波新書)。これは政府だけに向けられたものではありません。憲法を守ることを政府に要求する主体の私たち一人ひとりの倫理規範や社会規範に、先ずもって向けられていると思います。
 
【映画情報】
製作:2008年 日本
原作:梁石日「闇の子供たち」(幻冬舎文庫)
脚本・監督:阪本順治  
時間:138分
出演:江口洋介/宮崎あおい/妻夫木聡/佐藤浩市/鈴木砂羽/プライマー・ラッチャタ/プラパドン・スワンバン/豊原功補
主題歌:桑田佳佑「現代東京奇譚」
上映館:全国で公開中
公式サイト

 
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]