法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『火垂るの墓』


                                                           
H・O記

アジア太平洋戦争末期、日本各地が空襲の被害を受けました。多くの人々が命を失い、生き残った人々も悲惨な生活を余儀なくされました。『火垂るの墓(ほたるのはか)』は、父は出征し、母を空襲で亡くした兄妹の生活が描かれた映画です。
兄妹が苦労する姿は、観る人々に対して二度とそんな悲惨な思いを子どもたちにさせてはならないとの思いを強く抱かせます。戦時中は誰もが厳しい生活を余儀なくされ、まずは自分の生活と命を考えることになっていきます。戦時中は、政府や地域の実力者、あるいは親の言うことは絶対で、それに異を唱えることは困難になっていきます。『火垂るの墓』は、こうした当時の人々の日常生活とその背後にある社会状況をリアルに描写しながら、二度とそんな社会にしてはならないというメッセージを発しています。
また、戦争を憂う、優れた作品が一つできました。

【映画情報】
監督:日向寺太郎
出演:吉武怜朗、畠山彩奈、松坂慶子、松田聖子、高橋克明ほか
2008年7月5日より岩波ホールほか全国にて順次公開
公式サイト

 
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]