法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

東京大空襲のテレビドラマ2本


                                                           
H.T.記

 第二次世界大戦では、戦争史上初めて非戦闘員に対する無差別の戦略爆撃が行われました。本格的な戦略爆撃は、日本軍による中国の重慶に対する空爆が最初でした。
 米軍による日本の都市空爆は、1942年から始まり、延べ400回以上、東京、大阪、名古屋、神戸など約150の都市町村に及びました。
 このうち、1945年3月10日夜に行われたのが東京大空襲です。アメリカ空軍のボーイングB−29爆撃機325機が、東京で最も人口が密集していた下町地区である深川、城東、浅草地区に油脂焼夷弾、黄燐焼夷弾、エレクトロン焼夷弾、約38万発、1700トンを投下しました。一帯は火の海となり、死者8万人〜10万人以上、東京の3分の1以上が消失しました。
 
 この東京大空襲をテーマにしたテレビドラマが2本放送されます。
 
(1)『シリーズ激動の昭和 3月10日〜東京大空襲 語られなかった33枚の写真』

 東京大空襲直後、その惨状を現代に残した地上からの写真は、33枚しかありません。撮影したのは、警視庁警察官の石川光陽(仲村トオル)さんでした。警務課写真係だった石川さんは、坂警視総監(竜雷太)から「記録を後世に残せ」と特命を受けました。「決して死ぬな。生き抜いて撮り続けろ」。必死の撮影でした。石川さんは戦後、ネガの提出を迫る進駐軍の要求を拒否、ネガを缶に入れ庭に埋めました。登場するのは実在していた方がモデルです。
 番組には、年老いた被災者、米軍パイロットの証言もあります。

【放送】TBS 月曜ゴールデン 3月10日(月)21:00〜23:09
【プロデューサー】島田喜広 
【出演】仲村トオル/原田泰造/竜雷太/酒井美紀
【ナビゲーター】筑紫哲也
 
(2)『東京大空襲』

 日本テレビ開局55周年記念スペシャルドラマです。
 健気な看護師晴子(堀北真希)は、軍需工場で働く父が爆撃を受けたとの知らせを受け、炎に包まれる父を発見します。助けるために炎の中に飛び込もうとしますが、見知らぬ青年博人(藤原竜也)に制止されます‥‥。ドラマは、このカップルと、もう一組の一途な看護師和江(柴本幸)と強制連行で連れて来られ軍需工場で働く朝鮮半島出身者の青年朴(瑛太)のカップルの2組の悲恋を軸に展開します。降り注ぐ戦火の中で、献身的な看護にあたった若い看護師の目を通し、懸命に生きようとする人たちの姿を描く、心に沁みるドラマです。
 東京大空襲で6人の家族を失われたエッセイストの海老名香葉子さん(74)が監修しました。 
 
【放送】日本テレビ 
  第1話「受難」3月17日(月)21:00〜23:18
  第2話「邂逅」3月18日(火)21:00〜23:18 
【プロデューサー】佐藤敦
【出演】堀北真希/藤原竜也/柴本幸/瑛太
【監修】海老名香葉子

 参考HP
 東京大空襲・戦災資料センター 

 
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]