法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

東京国際女性映画祭(10月21日〜25日)


                                                           

 1985年に発足した第20回目の東京国際女性映画際が、東京ウィメンズプラザで開催されます(10月21日〜25日)。近年における女性監督の誕生は、国内外ともに目覚しいものがあります。ベテランと、デビューしたばかりの新人作品合計12カ国15本が上映されます。女性の解放や平和を切実に追求した作品が観られます。
 詳しくはこちら

 一部をご紹介します。

『シロタ家の20世紀』

 GHQの一員として第24条(両性の平等)など日本国憲法草案の作成に関与し、日本女性の解放に力をつくしたベアテ・シロタ・ゴードン(PDF)と、ピアニストとして日本の音楽界の礎となった父レオ。「ベアテの贈りもの」の藤原智子監督が、シロタ一族の運命をたどり、戦争の20世紀を見据えたドキュメンタリー。(日本/2007年/92分)

『花はどこへいった』

 ベトナム戦争で使われた枯葉剤は、現在も被害をもたらしつづけています。ベトナムの今を取材し、アメリカの外交政策と企業姿勢を糾弾しつつ、逆境にあっても失われない人間愛を讃える坂田雅子監督のドキュメンタリー。(日本/2007年/71分)

『サラエボの花』

 ボスニア内戦で何が起きたのか。秘密を抱えた母と、真実にむきあう娘。新人ヤスミラ・ジュバニッチ監督がその再生と希望を描いて、ベルリン映画祭でグランプリを受賞した作品。(ボスニア・ヘルツェゴビナ,オーストリア,ドイツ,クロアチア/2006年/95分)

 
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]