法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『さらば、ベルリン』


                                                           
H.T.記

 1945年、敗戦直後のベルリンを舞台に、核ミサイルの開発を実現するためにナチス協力者の獲得をめぐるすさまじい謀略が展開される作品です。

 同年7月、かつて通信社の駐在員としてベルリンに勤務したことにあるジェイク(ジョージ・クルーニー)は、ポツダム会談を取材するため、再びベルリンに戻ってきます。ベルリンは米英ソ仏に分割され、米ソがしのぎを削ります。ジェイクは、駐在員時代の助手だった愛人レーナを探します。レーナにはナチスのロケット兵器の秘密を握る夫エミールがいて、二人はベルリンからの脱出を企てていました。
 ジェイクは、駐留米軍の伍長タリーを案内役にします。レーナは、タリーの愛人にもなっていました。が、ポツダム会談の直前、タリーはソ連領のポツダムで、死体となって発見されます。事件をもみ消そうとするアメリカの下院議員や法務総監たち。

 やがて、アメリカの狙いは、レーナの夫エミールであることが分かります。アメリカは、ナチスの戦犯追及を免罪してでもロケット科学者の獲得を狙いっていました。人体実験など、中国で戦争犯罪を行った日本の科学技術の確保を図ったのと同じ構図です。
 ジェイクは母国の方針に疑問を持ち、レーナ夫妻の脱出を助けます。

 謎の多い映画です。最後の場面、ユダヤ人であるレーナの秘密、夫エミールの過去が明らかになります。愛とか平和とか、個人が願う平凡ともいえる幸福にとって国家とはどんな存在なのか、考えずにはいられない緊張感あふれる作品です。

【映画情報】
製作:2006年 アメリカ
監督・スティーブン・ソダーバーグ
時間:108分
出演:ジョージ・クルーニー/ケイト・ブランシェット/ トビー・マグワイア /
ボー・ブリッジス
上映館:全国で公開中
公式サイト

 
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]