法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『シッコ』


                                                           
H.T.記

 銃社会を扱った「ボウリンング・フォー・コロンバイン」、ブッシュ大統領とアルカイダのつながりやイラク戦争を描いた「華氏911」等、母国アメリカの政治社会の暗黒の部分を告発し続けるマイケル・ムーア監督。今回は医療問題をドキュメンタリー映画にしました。原題の『Sicko』とは、俗語で「いかれた奴」という意味で、「アイツ(アメリカの医療制度)は『ビョーキ』だよ」とでもいうべきでしょうか。

 世界一豊かな国アメリカの医療制度。制度の被害者たちが次々と登場して悲惨な体験を語ります。冒頭、仕事中の事故で指を2本切断された中年の大工。健康保険を持っていない彼に、医師は「中指をくっつけるのは6万ドル(約700万円)、薬指は1.2万ドル(約140万円)」と。大工は、結婚指輪をはめる薬指だけを選びました。アメリカは、先進国で唯一、全国民を対象にした公的医療保険制度が存在しない国です。6人に1人の4700万人が無保険者で、そのため毎年1万8000人が死亡しています。

 民間保険会社の医療保険に加入している人も安心できません。最大の利潤を追求する営利優先の保険会社は、さまざまな理由をつけて保険治療を拒否します。救急車を呼んでも「事前の連絡がない」。医師が薦めても「試験段階の医療だ」。「あなたの年齢でそのガンはありえない」。「標準より太り過ぎ、やせ過ぎだ」。保険会社の審査医は、拒否率が高いほど報酬が高いと証言しています。

 保険加入のいかんにかかわらず、治療を受けられず死亡する人、高額の治療を受けて破産する人はおびただしい数に上ります。破産の原因の第2位は医旅費破産です。ムーア監督は、「利益を出すには、治療費を減らすこと、それに有利な法律を作ることだ」という、医療関係者と彼らから多額の献金を受け取り天下る政治家の癒着を告発しています。

 では、他の国はどうなっているのだろう?監督はヨーロッパに飛びます。イギリスでは、低額の国民保険料で無料の治療が受けられます。フランスでは国民でなくても治療費は一律の20ユーロ。長期患者の自己負担はゼロです。そして隣国カナダでは医療費は基本的に無料。アメリカで120ドルの薬はキューバでは5ドル。生命を守り医療を受けられることを基本的人権ととらえて国家で保障している国々との違いが浮き彫りにされます。

 日本の医療は、近年はアメリカ型を目指しています。毎年アメリカから出される日本の経済や社会の構造に関する広範な対日要望書では、医療制度「改革」も重要な課題とされ、ビジネスチャンスを広げる「構造改革」「民営化」が促されています。それに沿って、医療費の負担率のアップ、保険外治療を拡大する「混合診療」の本格的な導入、株式会社による病院経営等々が実施され、あるいは計画されています。また、貧困化で国民健康保険料が支払えず、保険証を取り上げられた医療難民が激増しています。

 生存権や社会保障を受ける権利を保障している日本は、憲法ではヨーロッパ型の福祉国家を目指しています。しかし、実際に進められているのはアメリカ型システムへの接近です。
 どちらの道を選択を選択するのか、映画は私たちにも決断を迫っているように思われます。

【映画情報】
製作:2007年 アメリカ
監督・脚本・製作:マイケル・ムーア
原題:Sicko
時間:123分
出演:マイケル・ムーア
上映館:全国で公開中
公式サイト

 
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]