法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『陸に上がった軍艦』


                                                           
H.T

 最近、戦争や軍隊経験の証言を映像化したすぐれた作品が目立ちます。人間としての極限の体験は、決して戦争をしてはならない、という日本人の腹の底からの信念となって、世界に先駆けて戦争を放棄した憲法を生み出し、支える原動力となりました。今や高齢になり、貴重な存在となった戦争を体験された方々が、次々と証言を遺そうとしています。

 この映画は、95歳の世界最長老の現役映画監督の1人である新藤兼人監督の兵隊時代の実話のキュメンタリードラマです。「言い残したいことがある」という同監督が、原作、脚本、証言(節々で出演)を担当しました。新藤監督は、39歳の時「愛妻物語」で監督デビューし、「原爆の子」「第五福竜丸」など平和をテーマにした数多くの作品も創っています。

 「陸に上がった軍艦」は、はでな戦闘シーンは出てきませんが、兵隊というもの、戦争というものはどういうものかということを、個性を失わない弱兵たちの目線から活写しています。

 1944年春、シナリオライターを目指して燃えていた32歳の新藤さんは、召集令状を受けて、広島県の呉海兵団に最下層の二等水平として入隊。同年6月に宝塚海軍航空隊に配属されます。一緒に召集されたのは、洋服屋、旋盤工、八百屋、理髪師、農家などとして仕事と家庭を持った、一家の柱である30代の男たち100人でした。くじ引きで次々と戦場に送られ、死んでゆきます。残ったのは新藤さんら6人。海や軍艦はないが、宝塚大劇場を接収した「陸」の施設で、志願兵である若い兵長らによる、艦上を想定した猛烈な訓練が待っています。クズどもを「兵隊にする」と称して、「海軍精神注入棒」で殴る、失神したら水をぶっかけるなど容赦ない制裁の毎日。新藤さんは「理不尽さがまかりとおり、無感覚になる。やがて自分を放棄して戦場に出て行く」と証言しています。
 軍隊とは、人を殺すシステムです。人間的な感情が残っていたら、兵隊は務まりません。

 映画は、人間臭さも十分表しています。「本土迎撃作戦」では、“敵に進路を悟られないように”と、靴を前後反対に履いて行進したり、木製の戦車めがけて木の爆弾を投げつける風景には、滑稽さが感じられます。
 楽しいのは、外出して家族に会える日です。“人間が繋がっている根源は性だ”と考える新藤さんらしい描写は、生活や個性を失っていない人間讃歌です(新藤夫人は1994年に亡くなった女優の音羽信子さん。おおらかで底抜けに明るい方でした)。反対に、無実の罪で拷問を受け軍刑務所に入れられ、“近寄り難い孤独”な廃人同様になって戻ってきた仲間の描写にも、逆説的な人間讃歌さえ感じられるは、新藤さんが尋常でなく暖かい眼で彼を見ていたからでしょう。

 “この映画のテーマは平和だ。平和とは一人ひとりの家庭を大事にすることだ”と言う新藤さん。そして、“社会の中の人間を描くというのでなく、あくまで個という一人の人間が存在し、その向こうに社会があるという形で数々のドラマを創ってきた”とも言っています。これこそ、「個人」から出発して社会や国家を組み立てていく日本国憲法の思想です。その思想が、この映画にもはっきりと表れています。
 だからこそ、この映画には、兵隊を描くことを超えた現代性が感じられます。個性を失わせ、自分を放棄させるさまざまな場における「いじめ」「画一化教育」「企業戦士」‥‥。

 劇場には、時おり、笑いが漏れていました。野太い「真実」の語りを聞きながらも、肩の力を抜いて観られる、ペーソスやブラックユーモア溢れる映画です。
 
【映画情報】
製作:2007年 日本
監督:山本保博
原作・脚本:新藤兼人
時間:95分
出演:新藤兼人/蟹江一平/滝藤賢一/大地泰仁/池内万作/二木てるみ
語り:大竹しのぶ
上映館:東京・ユーロスペース、千葉・千葉劇場で公開中、近日中全国各地で公開
公式サイト 

 
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]