法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「日本の青空」


                                                           
H・O記

 日本国憲法が、日本が占領されていた時期に制定されたことは歴史的事実です。また、当時日本の統治にあたったGHQが日本国憲法の内容に大きな影響を及ぼしたこともまた事実です。そこで、安倍首相は日本人自らの手で憲法をつくる必要があると言っているのでが、どう考えたらよいのでしょうか。
「日本の青空」はこの問いについて考える素材として見事に出来上がりました。
当時GHQは日本政府に対して、大日本帝国憲法にかわる憲法をつくることを求めていたのですが、鈴木安蔵ら憲法研究会の憲法案をその重要な原案の一つとしていたのです。GHQは当時の国際情勢の中で日本の天皇制を利用したという批判はありますが、彼らは鈴木安蔵らの国民主権や人権尊重の考え方を積極的に取り入れたのです。そして、鈴木安蔵らの憲法案は自由民権を主張した植木枝盛らの考え方を参考にしていたのです。GHQは当時の幣原喜重郎首相とのやり取りの中で戦争放棄・戦力不保持も憲法に盛り込むことにしました。
このような歴史を見るならば、日本国憲法は日本人自らがつくりあげてきたともいえるのです。「日本の青空」はこうした歴史を学ぶ格好の映画だと言えます。
いま経済界や政治家の憲法「改正」論が広がってきているのは、日本国憲法ができた歴史的事実とその背景が国民にあまり知らされていないこと、日本政府や政治家が日本国憲法の内容と精神を積極的に活かす政治をすすめてこなかったこと、日本国民も日本国憲法を自らのものとして活用していくという点で不十分だったこと、等々によるのだろうと思われます。「日本の青空」を観て、多くの人々と日本国憲法を学び広げていきたいと思います。

日本国憲法の制定には日本人自らの考えやたたかいが反映していますが、その背景には世界の憲法の歴史があります。当研究所が開講している連続講座「世界史の中の憲法」をあらためてご紹介させていただきます。そのオンライン講座は無料体験受講もできます。ぜひ受講していただきたいと思います。

【映画情報】
「日本の青空」の公式ホームページはこちら
完成記念有料試写会はこちら

 
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]