法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「麦の穂をゆらす風」


                              
H.T記

 先週紹介した映画「明日へのチケット」でローマに移住するアルバニアの家族を描いた、「英国の良心」ケン・ローチ監督による作品です。今年のカンヌ映画祭で最高賞を獲得しました。立て続けのヒットです。
 イギリスがアイルランドの独立を承認したのはそんな昔のことではありません。1938年です。それまで約700年に渡ってイギリスの支配下にあり、苦難の歴史が続いていました。この映画は、1920年当時、独立のためにアイルランドの義勇軍に身を投じてイギリスと戦った若者たちの苦悩を描いたものです。「人権」とか「民主主義」とかは、その先進国イギリスにとっても国内だけのものであり、親しい隣国であっても、反抗すれば死をもって報いるという現実が如実に分かります。

 医者の卵であるデミアンは、腕を磨くためロンドンの大病院に向けて出発しようとしていました。しかし、目の前に展開するイギリス軍の暴虐に背を向けることができなくなります。デミアンは兄テディとともに義勇軍に身を投じます。激しくなる戦闘の中で、拷問を受ける兄、家を焼かれ、暴力を奮われる恋人…。やがて義勇軍の頑強な抵抗に屈したイギリスは、停戦を申し入れ、「アイルランド自由国」を認めます。しかし、アイルランドは依然英連邦自治領に留まりイギリス国王に忠誠を誓わなければならず、経済的には従属したままでした。デミアンは自問します。“そもそも何のために戦ったのか。イギリスに虐げられた貧しい人々を解放し、人間らしい生活を取り戻すためではなかったか?”デミアンは完全独立を求め、イギリスとの妥協派に加わった兄たちと内戦状態になります。そしてデミアンは兄たちに捕われ、銃殺されます。

 映画は、デミアンを賞賛してはいません。戦いで人一人を殺さなければならないことにも苦悶する誠実な青年をありのままに描写しています。銃殺される姿もかっこいいものではありません。あえぎが画面を支配します。残された恋人にとっても、その後の人生は終わったようなものです。映画の栞で、鳥越俊太郎さんが書いています。「たとえそれがどんなに立派な大義名分であろうとも、暴力(武力行使)の陰には必ず悲劇が生まれる。そんな思いがずっしりと胸に残る」

 人類は、このような無数の人々の血と慟哭のうえに、“戦争違法化”さらにはそれを発展させた日本国憲法9条を獲得しました。この宝物を決して手放してはならない、ということを痛切に訴える映画だと思います。今デミアンが生きていれば、必死になって9条を世界に訴えている気がしてなりません。

製作:2006年 アイルランド/イギリス/イタリア/ドイツ/スペイン
時間:126分
原題:THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY
監督:ケン・ローチ
主な出演者:キリアン・マーフィー/ポーリック・デラニー/リーアム・カニンガム
上映館:渋谷シネ・アミューズ他で公開中 全国で順次公開
公式サイト 

                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]