法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「えんどうの花」


                              
H・T記

沖縄音楽の父、あるいは沖縄のフォスターと呼ばれる、現沖縄県石垣市出身の作曲家、教育者だった宮良長包(みやら・ちょうほう)(1883〜1939年)を描いたドキュメンタリードラマです。

宮良長包は、まだ沖縄音楽が日本で市民権を得ていない大正、昭和の初めに、故郷の民謡、メロディを用いて多くの優れた曲を残しました。童謡「えんどうの花」は代表作です。他に、島唄で有名な「安里屋ユンタ」、「なんた浜」「汗水節(あしみじぶし)」などがあります。「音楽の民衆化、音楽の郷土化」を懐き、沖縄全県各地で音楽行脚も展開しました。
師範学校を卒業した宮良はふるさとの小学校の教師になり、沖縄の方言で民謡を歌って教えました。沖縄の本土化のため、学校では方言は使わないように教育されていた頃の話です。「教育は心である」「心豊かな感性を育てるにはすばらしい民謡を捨ててはならない」という教育者としての信念にもとづく行動でした。軍国主義へと向かう暗い時代に、いつも生徒にやさしく接していた彼には、「ニコポン先生」というあだながつきました。いつも笑顔でニコッとして、「やあ」と肩をポンと叩いてくれたとのことです。

御万人(うまんちゅ=沖縄の人々)の心をとらえている宮良長包の生誕120周年を記念してつくられた映画「えんどうの花」は、日本中の人々に親しまれるのではないでしょうか。

【映画情報】
制作:2006年 日本
監督:本永良夫
時間:90分
主演:池田卓
上映館:11/8(水)東京なかのZERO小ホール 11/10(金)沖縄県うるま市民芸術劇場
11/11(土)東京かつしかシンフォニーヒルズ /沖縄県石川会館 11/23(木)大阪市立鶴見区民センター大ホール
詳しくはこちら

                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]