法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「日本沈没」


                              
H・O記

巨大地震の発生に対する日本国民の危機感が高まっています。この映画は日本列島の各地に大地震が発生し、日本列島が沈没の危機に瀕する様子が映されています。自衛隊や消防庁の全面協力と特撮による凄まじい映像によるこの映画に、人々はよりリアルに地震の恐ろしさを感じることになります。政府に巨大地震への備えを怠りなく進めてもらう必要があると、あらためて痛感します。
映画には、地震発生に際していち早く国外に脱出する国の指導者がでてきたり、国外に脱出する日本人を難民として受け入れることをアメリカが拒否したり、恐ろしいけれども「さもありなん」という場面もあります。危機を回避し、被害を最小限にとどめるための政府の政策や指導者の姿勢を私たちが日常的に監視し続けることが重要なのだと受けとめたいものです。
映画には自衛隊の活動がいたるところに出てきます。災害救助とそのための組織自体は必要ですが、それが自衛隊なのかどうかということも考えていきたいテーマです。今日、テロ対策と「安全・安心」という政策の必要性が叫ばれ、そのために自衛隊の役割が強調されるようになってきています。その動きは自衛隊の海外への派遣をさらにすすめようという動きとも連動しています。戦争放棄・戦力不保持を謳う憲法の「改正」への世論作りにも警戒しなければならないと思いながら、この映画を観ました。
(2006年9月11日)

【映画情報】
製作:2006年
上映時間:135分
監督:樋口真嗣
出演もしくは声の出演:草なぎ剛 、柴咲コウ 、豊川悦司 、大地真央 、及川光博、ほか
公式ホームページはこちら

                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]