法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「二十四の瞳」(8/15テレビ放映)


                              

1928年、大石久子は新任教師として小豆島の学校に赴任した。担当した生徒12人の24の瞳は輝いていた。
しかし、貧しい村の子供たちは希望どおりに進学できず、母の死んだ子は奉公に出された。日本が戦争に突入していく時期でもあり、男の子はやがて戦場に送られていった。子どもたちに慕われた久子は、子どもたちには死んで欲しくはないという思いを語っていた。それだけで「アカ」と言われ、たしなめられる時代だった・・・。
大石先生と生徒たちのふれあいが描かれた名作です。当時の世相を伝えながら、製作した方々の平和を求める思いがじわじわと伝わってきます。
1954年につくられたこの映画は1987年にリメイクされました。

【映画情報】
1954年作品。
モノクロ162分
製作:桑田良太郎
監督:木下恵介
原作:壷井 栄
出演:高峰秀子、田村高廣、小林トシ子ほか

* 8月15日(火)13時から15時40分、NHK衛星第2で放映されます。

                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]