法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

朗読劇「この子たちの夏」 ―1945・ヒロシマ・ナガサキ

H・T記
                              

61年前の夏、ヒロシマ・ナガサキは原爆投下という人類未曾有の経験をしました。その日被爆した子供たちや母たちの手記、手紙、詩などによって構成された舞台を6人の女優さんたちが演じます。1981年に結成された演劇制作体「地人会」による朗読劇です。

広島と長崎への原爆投下という出来事は、海外では“ヒロシマ・ナガサキ”として平和運動の象徴とされています。イラク戦争に日本が参戦(当初から米兵などをイラク国内に空輸中)する前は、アラブの人々も、“ヒロシマ・ナガサキ”という言葉を日本人に対して強い共感を持って語りかけてくれました。今はどうなのでしょうか?国内では逆に、被爆体験は単なる歴史上の一事件であると見なし、不運な過去の記憶として忘れ去ろうという風潮さえ感じられます。

そのような中で、20年前から多数の地方公演も含めて地道に続けられているこの朗読劇は、記憶を継承し、明日の希望を創っていううえで大変貴重な活動です。ちなみに、地人会という名前は、詩人・宮沢賢治が若い農民を集めて設立した『羅須地人協会』から採られたとのことです。その‘労働を芸術に高める精神の改革’という賢治の理想を指標としているからだそうです。
 
劇では、被爆者の悲惨だけではなく、「母なるものの情愛の深さ、子供たちの未来と平和への願いと祈り―「生き抜く強さ」に代えてゆくべき凛とした思い」を感じることができるでしょう。

【公演情報】
時間:1時間30分
構成・演出:木村光一
地方公演:8月1日富士(静岡) ロゼ・シアター 
8月3日 行徳(千葉) 行徳文化ホール 
8月5日 佐倉(千葉) 佐倉市民音楽ホール
東京公演:8月6日〜9日 有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11F)
主な出演者:大原ますみ、長内美那子、高田敏江、寺田路恵、日色ともえ、水原英子、山口果林、山田昌、渡辺美佐子
問合せ・申込み[地人会]03(3354)1279
ホームページ:地人会

                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]