法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「戦場のアリア」


                              
H・T記
第一次大戦下の実話を基にした映画です。1914年のフランス北部の村。ドイツ軍とフランス・スコットランド連合軍は、塹壕を築き、熾烈な砲弾戦を戦っていました。その距離わずか数十メートル。クリスマスだけは家族のもとへ帰りたいと兵士の誰もが願っていました。
訪れたクリスマスの夜。ドイツ軍の塹壕には10万本のクスマス・ツリーが届けられ、テノール歌手の歌声が響きます。すると、スコットランド軍は塹壕からバグパイプの伴奏で応じました。やがて3か国軍の兵士たちによる「聖しこの夜」の合唱が始まりました。一夜だけの休戦です。
 
前線の兵士たちは、敵味方なく平和を望んでいます。だからこそ、このような「奇跡」は起こりました。
しかし、映画のラストは、軍上層部に罰せられ、厳しい闘いを続けているロシア戦線へ送られるドイツ兵たちの姿で終わります。

実際の第一次大戦はどうなったでしょうか。1918年11月、ドイツのキール軍港では水兵たちが出動命令を拒否し、その反乱は全国に波及して皇帝を退位させ共和国を樹立、戦争を終結させました。兵士たちは「奇跡」だけでは終わらせませんでしたが、それまでにあまりにも多くの犠牲者を出し過ぎました。なおロシアでは、帝政を倒した兵士たちは、1918年3月に停戦を実現させていました。

ところで、現代の戦争は「一夜の停戦」もありません。戦争の根が深刻さを増しているように思います。

【映画情報】
制作:2005年 フランス/ドイツ/イギリス/ベルギー/ルーマニア合作
監督:クリスチャン・カリオン
時間:117分
主な出演者:ダイアン・クルーガー/ベノン・フユルマン/ギョーム・カネ/ゲイリー・ルイス/ダニー・ブーン
上映館:全国で公開中

                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]