法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「アトミック・カフェ」


                              
H・O記
1940から50年代にかけてのニュース映像や、アメリカ政府製作の核PRフィルムを編集したドキュメンタリー映画です。
映画は第二次大戦末期にアメリカが原爆を開発し、実際に広島、長崎に投下するシーンから始まり、ビキニ諸島などの核実験に進んでいきます。その間、東西冷戦となり、核兵器の開発は当然であるという立場からの政府広報が次々と映し出されます。核攻撃にあっても大丈夫だとし、避難方法を説明する政府の広報は滑稽さと恐ろしさがよくわかるものとなっています。
今日もなお核大国が残され、あるいは新たに核を保有しようという動きがありますが、核兵器廃絶と核軍縮の必要性は、基本的に国際的な世論となっています。ところが、当時のアメリカでは、核兵器の開発・使用を当然のこととして政府が宣伝し、多くの市民がそれを信じ、あるいは信じ込まされていたのです。
政府による世論操作がいかに危険か、市民は正しい情報をいかに選び取るか、ということは今日でもいよいよ重要な課題です。今日の改憲をめぐる状況からも言えることです。そのようなことを多くの方々と学び語り合うためにも有意義な映画だと思います。

【映画情報】
製作:1982年、アメリカ
上映時間:89分
監督:ケヴィン・ラファティ 、ジェーン・ローダー 、ピアース・ラファティ
公式サイトはこちら

                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]