法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「男たちの大和」


                              
太平洋戦争において、日本軍はやがて劣勢となっていきました。日本軍はアメリカの本土攻撃を遅らせるために沖縄を捨石にし、そして戦艦大和で玉砕的な戦闘をすることになりました。
「男たちの大和」は、当時の多くの若者が、国のために大和に乗り込み戦った様子と思いが刻み込まれた映画です。
この映画は、つくった人たち、演じた人たちも、また観る人たちもいろいろな価値観で観て、いろいろな感想をもつものだと思います。かつて多くの人々が国のために個人の利益を捨てて戦ったことを誇らしく感じ、その精神を今後も引き継いでいきたいと思う人も多くいるでしょう。一方、多くの人々が国のために犠牲になったという歴史の事実を後世に残し、二度と戦争はしてはならないと思う人も多くいるでしょう。
迫真の演技とリアルな映像、息をのむシーンが続き、多くの鑑賞者の印象に残る映画です。日本国憲法の「個人の尊厳」や平和主義の理念を学び広げていく上で、この映画を鑑賞する多くの人々と語り合うことも重要だと思います。

映画情報:原作は辺見じゅん、監督は佐藤純彌。出演は反町隆史 、中村獅童 、鈴木京香ほか。145分。2005年12月から全国各地で上映開始。公式サイトはこちら

                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]