法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

砂川闘争の映画会など


                              
1959年、東京地裁は砂川事件の裁判で駐留米軍は違憲であるという判決を下しました。その後最高裁はいわゆる「統治行為論」を展開し、駐留米軍についての判断を避けるようになりましたが、砂川事件とは何だったのかを改めて学ぶことは意義深いものと思われます。現地で闘争50周年を記念する映画会などが行われます。

<砂川闘争50周年記念映画と証言のつどい>

(第1部)
とき:2005年10月29日(土)6:30pm〜
ところ:立川市女性総合センター(アイム)ホール
映画:「流血の記録 砂川」  1956年 亀井文夫編集
証言:関口 和さん(当時 三多摩地区労働組合協議会事務局長)
江尻健二さん(当時 早稲田大学学生)
榎本信行さん(砂川弁護団)
吉川勇一さん(当時 日本平和委員会常任事務局長)
主催:砂川を記録する会 星 紀市 (TEL 042-536-2924)

(第2部)
とき:2005年10月31日(月)6:30pm〜
ところ:立川市女性総合センター(アイム)ホール
映画:「砂川の熱い日」
砂川闘争47年目の証言(126分)  上映会
制作: 星 紀市    語り手: 原田芳雄
入場料 1000円
主催:砂川を記録する会 星 紀市 (TEL 042-536-2924)

以上、こちらからご確認ください。

                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]