法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「火垂るの墓」


                              

第2次大戦末期の神戸を舞台に、空襲で母を亡くした幼い兄妹が必死に生き抜こうとする姿が描かれた感動的な作品。自らの体験をもとに書いた、野坂昭如の同名小説がアニメ映画化された。
戦後まもなく日本国憲法が制定された当時の日本社会が克明に描写されているものとしても必見。
監督の高畑勲氏は憲法の理念を広げるために様々な場で発言しておられ、当研究所ホームページの「今週の一言」にも登場していただいた。

高畑勲監督
1988年
東宝
88分
8月5日(金)21:03〜22:54 日本テレビ「金曜ロードショー」で放映


                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]