法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

「焼け跡に青空をみた」


                              

記録映画「子どもたちの昭和史シリーズ」全5巻の第4部である。戦後の教育はどのように出発したのか。新憲法は学校と子どもたちにどのように迎えられたか。当時の貴重な映像によって映し出されている。
憲法の本』の出版を記念して当研究所が開催した「映画と講演の集い」(2005年6月11日)で上映したところ、参加者から次のような感想が寄せられた。

「子どもたちが基本的人権に関わる諸問題について自分の意見をそれぞれに主張し合っているシーンが印象的だった。・・・『個人の尊重』がいかに大切な原理であるかということを痛感した」
「子どもたちは日本国憲法と教育基本法との理想のもとで、明るく、活発に議論しているところが印象に残った」
「戦前抑圧され苦しんだであろう先生方が熱っぽく新しい教育を語る姿が印象的でした。改めて平和と教育の大切さを感じました」

1986年度作品
製作:東京都教職員組合・日本電波ニュース社
カラー16ミリ・39分
本体価格 250000円 ビデオ版 15000円


                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]