法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『機動戦士Zガンダム―星を継ぐ者』


                              
F・J記

20年の“刻(とき)”を越え、待望の映画化。前作『機動戦士ガンダム』の正統なる続編。新旧巧く織りなされた画が銀幕に映える。
舞台は、宇宙世紀0087年。地球連邦政府に対する、スペースコロニー国家・ジオン公国の独立戦争“一年戦争”の終結から7年。連邦軍は、ジオン残党掃討を名目にアースノイド(地球出身者)のエリート組織“ティターンズ”を結成。密閉された人工の生活空間コロニー内のスペースノイド(宇宙移民者)の自治権要求等の反政府集会を毒ガスで鎮圧。それに対し、反地球連邦政府組織“エゥーゴ”が活発化。そこには、クワトロ・バジーナ大尉と名を偽る、かつてジオンの“赤い彗星”シャア・アズナブルの姿もあった。後に、(ネオ・ジオンへと発展する)残党勢力“アクシズ”も戦局に加わり、三つ巴の様相を呈する“グリプス戦役”を描く。「その様子は『巨大な敵』を失った地球連邦軍が、その矛先を向けるべき相手を求めて」いたかのようであった(劇場パンフレット)。
もうひとりの主人公は、スペースコロニーの学生カミーユ・ビダン。連邦軍憲兵への反発から、ティターンズの新型モビルスーツ・ガンダムMk-Uを奪取し、シャアの導きでエゥーゴへ身を投じるところから、物語は始まる。映画三部構成の第一部は、連邦に幽閉されていた一年戦争の英雄アムロ・レイとの再会(出会い)までを映す。3人の結びつきは、新たな“刻”を感じさせる・・・。

 さて、憲法や戦争を考える際、並みのヒューマンドラマや戦争映画より人間味あってリアルな“ガンダム”の世界・歴史を観るのをおすすめする(公式年表・資料等も参照)。
まず、“ガンダム”(Gundam)の語源は、“銃”(gun)+“自由”(freedom)という説がある。つまり、「銃」を持って「自由」を勝ち取った時代、これは「近代立憲主義」の西洋史と重なる。とりわけ本作では、中央集権官僚制の退廃した地球連邦政府という超国家権力「からの自由」を考えることができる。なお、“ガンダム”は、後の作品でも「抵抗」や「正統性」の代名詞となっている。
さらに、作中の“キーワード”は、憲法で考えられる人間像と通ずるところがある(と思う)。地球の重力に魂を縛られた“オールドタイプ”(一般人)は、「共同体拘束的(他律的)な人間」「弱い個人」の問題である。薬物投与・精神操作や先端技術により記憶・アイデンティティを喪失した“強化人間”は、「人間の尊厳」を侵害された戦争の道具である。そして、“ニュータイプ”は、一説に、宇宙に出て認識・判断(自己決定)能力を覚醒(解放)させ、言葉を越えて思惟を発信し解かりあえる。これは「『人』権」の想定する「自律的な個人」「強い個人」という人間像の進む方向と同じくしている(というのはいいすぎかもしれない)。
 しかし、登場人物たちの実態は、両親や“恋人たち”との死別などを抱え、「善き生」を模索し悩む、あるいは、もはや見失っている「弱い個人」である。彼・彼女らの置かれた「環境」はどうか。前作は、第二次大戦アナロジーの総力戦において独立部隊をめぐる一側面に光があてられていた。それに対し、本作は、中・小規模の局地戦が中心で、より複雑に複数のイデオロギー・派閥・財界(軍需産業)・個人の想い(憎しみ)が渦まいている。この戦争・権力闘争・経済益(兵器開発)・心変わり(裏切り)に翻弄されながら「強く」なろうとする「個人」の貴い「生命」「人格」を、最期の“刻”まで“涙”して観てほしい。

【製作年】 2005年〔テレビ版1985年〕
【原作・脚本・総監督】 富野由悠季
【声の出演】 池田秀一、飛田展男、古谷徹ほか
【企画・製作】 サンライズ
【上映】 5月28日より、シネ・リーブル池袋、新宿ジョイシネマ3ほか全国で公開中。
     『機動戦士ZガンダムU―恋人たち』10月公開予定、『V』2006年2月公開予定。


                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]