法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画 『ベルリン・フィルと子どもたち』

H.T記
                                                           

8歳から20歳代の、人種も社会的階層も様々で日々を無気力に過ごしていた250名の若者たち。ダンスの経験も、クラシック音楽への関心もない。
2003年1月、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者兼芸術監督に就任したサイモン・ラトル氏は、「教育プロジェクト」の一環として、ストラヴィンスキーのバレエの名曲《春の祭典》の演奏に際し、共演の踊り手としてそんな若者たちを選ぶ。

なぜ彼(女)らなのか?内戦で難民になり母国を後にしたり、貧困や親の離婚で刹那的になった若者たちは一向にやる気がない。しかし、サイモンは振付師とともに、若者たちの肉体の中に眠っているリズム、エネルギーに若者たち自身をして体ごと向き合わせていく。厳しいレッスンの数週間。若者たちは生きる喜びをステージいっぱいに躍動させる。
サイモンは人間なら誰でもが持っている内なる叫びの可能性を信じ、それに気づいてもらいたかったのだろう。

「これからの社会が最も必要としているのは、物を売る人間ではなく、いきいきと発想し、創造する力を持ったクリエイティヴな人間なのだということを、サイモンも、この映画自体も、熱く語り、演奏し、見せてくれているのだと思う」(湯川れい子さん・音楽評論家 05.1.11読売新聞)
「音楽にはもっと可能性がある。音楽は意味を持ち、人々の役にも立てる。そのひとつとして、音楽にできるのは、人々を分断するのではなく、ひとつにすることなんだ」(サイモン・ラトル 上記新聞)

さて、「祭典」が終わり、子どもたち、若者たちは彼ら彼女らを疎外し追い詰める生活の場に還っていく。サイモンが追求した(している)「教育」方法が、公教育を含め広く社会で共有される日を模索しながら。

【ジャンル】音楽
【制作年】2004年
【制作国】ドイツ
【原題】RHYTHM IS IT!
【監督】トマス・グルベ エンリケ・サンチェス・ランチ
【音楽】イーゴリ・ストラヴィンスキー「春の祭典」
【出演】250名のベルリン在住の子どもたち 
    ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
    サイモン・ラトル(指揮)
     ロイストン・マルドゥーム(振付)
【上映】東京・渋谷のユーロスペースにて上映中 全国で順次公開
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]