法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画 『グッバイ・レーニン!』

I.M記
                                                           

 主人公の母、クリスティアーネは、東ドイツの「社会主義」を信じていたが、息子のアレックスは、SED(社会主義統一党)の支配に反発し、デモに参加する。息子がデモに参加しているのを目撃した母クリスティアーネは、心臓発作を起こし昏睡状態に陥ってしまう。そして母が昏睡状態の間にドイツは再統一してしまう。
 医師から再度ショックを受けると死んでしまうかもしれないといわれたアレックスは、母に東ドイツが亡くなってしまったことを伝えられない。旧東ドイツのピクルスを必死に探したり、ジャムのラベルを張り替えたり、友だちと一緒にニュース番組を作成したり、アレックスは母のために消滅した「東ドイツ」を作り続ける。
 作品は、ヒューマンタッチで家族の絆を描いているが、同時に再統一したドイツの現実に対する視線も忘れてはいない。再統一から15年、ベルリンの壁で市民が踊り抱き合った熱気もすでに醒めている。旧東ドイツ地域での失業率は依然として高く、極右の伸張も懸念されている。旧東ドイツの民主化を求めた当時の「市民運動」も、再統一の過程のなかでは後景へと退けられてしまった。こうした状況のなかで、作品は東ドイツの体制を批判しつつも、単純に統一ドイツを賞賛しているわけではない。むしろ、アレックスが母のために作ったニュースのなかに、あるべき社会の希望を託しているかのようである。
 本作品は、2003年にドイツで公開されると同時に、ドイツの歴代記録を塗りかえる大ヒット作品となった。日本での公開は、2004年2月。舞台はドイツだが、そのメッセージは普遍である。未見の方には、ぜひお勧めしたい。

【製作年】 2003年
【製作国】 ドイツ
【監督】  ヴォルフガング・ベッカー
【出演】  ダニエル・ブリュール
      カトリーン・サーズ
      チュルバン・ハマートヴァ
      マリア・シモン
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]