法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画 「ニュースの天才」

R.S記
                                                           

 『ニュースの天才』は、「Vanity Fair」誌1998年9月号に掲載されたバズ・ビッシンジャーの記事を基にした、ノンフィクションの映画化である。
 アメリカ大統領機、エア・フォースワンで唯一読まれている雑誌「THE NEW REPUBLIC」の人気ジャーナリストスティーブン・グラスは、若干25歳。政財界のゴシップをはじめとするスクープ記事が注目を集め、売れっ子として人気を博する。しかし、彼が書いた41のスクープ記事のうち、27の記事は彼によって捏造されたものだった。
 アメリカの新聞は日本とは異なり、個人名を明記して読者を獲得する「スター記者システム」をとっているため、悪質な捏造事件が多発しているという。2003年、イラクに侵攻したアメリカ軍の女性兵士ジェシカ・リンチが敵の捕虜になったとされた際の一連の救出劇が嘘であったというニュースは、まだ記憶に新しい。政府のプロパガンダを無批判に垂れ流す傾向が広がっているアメリカおよび日本のメディア。ニュースは果たして真実を伝えているのだろうか?という疑問は、混迷する現実の世界を前にしたとき、より深刻な様相を呈する。
 映画ではまた、アメリカメディアの「自らの誤報には自らで徹底的に検証する」という成熟性をも伺い知ることができる。民主主義の一翼を担うものとしての自覚とプライドを有してきたメディア。その歴史のなかで培われてきた「真実」に対する厳しさは、いまだ失われてはいない。この自浄作用こそが、アメリカのもつ本来の「強さ」なのかもしれない。

【原題】SHATTERD GLASS
【製作】2003年 アメリカ映画
【監督】ビリー・レイ
【原作】Shattered Glass 
【出演】ヘイデン・クリステンセン、ピーター・サースガード、クロエ・セヴィニー他
【上映】各地で公開中
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]