法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画 「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」

H.T 記
                                                           

 1960年代のパリの裏町にはさまざまな少数民族が住み、売春婦の「花たち」が路上に立っている。そんな裏町では普通かもしれない複雑な家庭に育った13歳の貧しい少年モモはユダヤ人(ユダヤ教徒)。モモは向かいで小さな食料品店を営む年老いた孤独なトルコ人でイスラム教徒のイブラヒムの店で万引きを繰り返す。しかしイブラヒムは、そんなモモを黙って見守る。やがて2人は一緒にイブラヒムの故郷であるトルコへと旅立つ。‥‥
 
 愛も知らずに人生の春を迎えた少年が、人生の晩秋にさしかかった老人と出逢い、人生の楽しみ・喜びを知っていく過程を捉えている。ともすれば人種や宗教の対立が煽られ、世代間の断絶も大きくなっているといわれる今、それらの違いを乗り越え、認め、理解し合い、2人は絆を結んでいく。
 
 イブラヒムおじさんは言う。「笑ってごらん。幸せだから笑うんじゃなくて、笑うところに幸せがくるんだよ」「たとえ君の気持ちが届かなくても、彼女を愛した気持ちは君のものだ」「宗教は考え方の1つでしかない」
 そして歌が流れる。「なんで戦争するのよ。肌の色が違ったってどうでもいい。一緒に生きていこうよ」

 声高でなくいつの間にか包み込んでくる感じの映画である。
 
 『アラビアのロレンス』('62)でペドウィン族の族長役を演じたオマー・シャリフの精悍な演技が眼に焼きついている方も多いだろう。賢明でつつましく、おおらかなイブラヒムおじさん役のシャリフを味わうのも、一つの楽しみ方であろう。

【原題】MONSIEUR IBRAHIM ET LES FLEURS DU CORAN
【制作】2003年 フランス
【時間】95分
【監督】フランソワ・デュペイロン 
【原作】エリック・エマニュエル・シュミット
【出演】オマー・シャリフ ピエール・ブーランジェ
【上映】恵比寿ガーデンシネマで公開中 他全国順次ロードショー
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]