法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

連続テレビドラマ 「めだか」

H.T 記
                                                           

 10月から放送されている連続テレビドラマ(12月末まで)。
 
 勤めて半年あまりでリストラされた平凡なOL目黒たか子(通称「めだか」)(ミムラ)は、定時制高校の教師になった。自分は何の取り柄もないつまらない人間だとコンプレックスを持ち、当たり障りのない人生を歩んできたたか子は、ここでも気楽に仕事を始めた。
 
 自分よりも遥かに年上のサラリーマンなど年齢も職業も様々な生徒たちに初めは面食らったたか子だったが、
 2回ほどみた範囲では、人間関係や社会の条理と不条理の対抗軸がしっかり設定されていた。第5回では、共にこの定時制高校で学んでいる子どもとその父親の関係が、第6回では、権威や権力を持っている理事者側とそれを持たない教師、生徒の関係がそれぞれ基本になっていた。
 生きたセリフも多い。
 「この人たちは落ちこぼれなんかじゃない。それぞれ事情があるんだ。それでも学びたいと思ってここに来ているんだぞ」
 「結局力のある奴がうまいことやって、おれたちは貧乏くじを引かされるんだよな」
 「自分が正しいことをしたと思ったなら胸を張っていろ。大切なのは舞台に上がることだから」
 
 教師と生徒それぞれのキャラクターの設定もしっかりしている。平岡祐太は自分の殻に閉じこもり、周囲との接触を拒んできた生徒を、黒木メイサは、人を信じることができない少女を‥‥。それぞれの教師と生徒が等身大で描こうとしているようである。

 ともすれば現実から離れたお話になりがちな連続テレビドラマの中で、ヒロインと生徒たち、そして教師たちが社会の現実にしっかり向き合って共に成長していく過程が描かれていると感じた。人間関係の基本を水平関係として捉えようとしていることが伝わってくる。
 
 16日は、1週間ほど学校を休んでいた刈谷(泉谷しげる)が、いつものように酒を飲んで酔っ払ったまま登校してきたときの話。

【放送】 フジテレビ 毎週火曜日 午後9時〜9時54分
【脚本】 相沢友子
【プロデューサー】 高橋萬彦
【キャスト】 ミムラ 原田泰造 瑛太 須藤理彩 山本太郎 木内晶子 平岡祐太 黒木メイサ 市毛良枝 泉谷しげる 小日向文世 浅野ゆう子
【制作】フジテレビ 共同テレビ
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]