法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「隠し剣 鬼の爪」

H.T 記
                                                           

 「寅さんシリーズ」でおなじみの山田洋次監督の2本目の時代劇である。前作は同じ藤沢周平原作の「たそがれ清兵衛」。これは今年の米アカデミー賞で外国語映画賞部門の候補になった。

 東北の小藩の下級武士、片桐宗蔵(永瀬正敏)は、母の生前に奉公に来ていた百姓の娘きえ(松たか子)と、3年ぶりに町で偶然再会する。きえは嫁いでいた。その痩せて寂しげな姿に、宗蔵は胸を痛める。それから数ヵ月後、きえが病で伏せっていると聞いた宗蔵は伊勢屋に乗り込み、強引にきえを連れ帰る。
 宗蔵の貧しい暮らしが、回復したきえの笑顔で明るい毎日に戻った時、宗蔵と同じ門下生だった狭間弥市郎らの謀反が発覚する。秘剣“鬼の爪”の使い手である宗蔵は、弥市郎を斬るように命じられる。‥‥
 
 宗蔵は最終的には主君のために生きざるをえない時代にあって、謀反(反乱)を自分の眼で見据える。きえとの身分の壁などにぶつかりながらも明確に「私は君が好きなんだ」と言う。
 
 原作は時代を限っていないようだが、映画では幕末に設定されている。幕末は極めて行き先不透明な不安な時代であり、今と似た状況だったので、観る人にわかりやすいだろうと思ったとのことである。そのような時代の中にあって、なぜこうなったのか、どうすればいいのかを流されずに立ち止まって考えさせる映画である。

 山田監督は先日NHKの番組で制作意図を、「自分の意思をしっかり持っている武士の生き方を描くことによって、現代の若者にも自分のことを見つめ直し、きちんと言葉に出して言って欲しいと思った」と語っていた。

【制作】 2004年 日本
【監督】 山田洋次
【脚本】 朝間義隆
【出演】 永瀬正敏、松たか子、吉岡秀隆、小澤征悦、田畑智子、高島礼子、倍賞千恵子、田中邦衛、光本幸子、田中泯、小林稔侍、緒形拳
【上映】 10月30日から全国で公開

                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]