法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『遠い夜明け』

I.M 記
                                                           

 アパルトヘイト時代の南アフリカで、抵抗運動に立ちあがったデンゼル=ワシントン扮するスティーブ=ビコと、ビコたちを取材した白人記者ドナルド=ウッズの物語。
 ビコは、抵抗運動のリーダーで、演説も議論もうまい。リベラルな記者ウッズを黒人居住区や病院などに案内し、自分たちが要求していることを示し、白人の作法を覚えれば同じテーブルにつくことを認めようとするリベラルな白人たちとの「差」を気づかせる。ウッズは、次第にビコたちの運動に共感するようになるが、そうしたウッズの家族にも嫌がらせや脅迫が届き、遂にはビコも虐殺されてしまう。ウッズは、真実を明らかにするため、国外脱出を決意する。
 この作品は、記者ウッズの原作をもとに製作された。大規模なエキストラも使いながら、アパルトヘイトの実態を観るものに訴えている。
 なお、ビコの葬儀の際に歌われた「Nkosi Sikelele iAfrika」は、アパルトヘイト時代には抵抗歌として歌われていたが、アパルトヘイトが終わった後の1994年、それまでの国歌「Die Stem van Suid-Africa (The Call of South Africa)」とあわせて国歌となり、1996年には、2つの歌を合わせた「Nkosi Sikelele iAfrika Die Stem」が国歌となった。
 ちなみに、アパルトヘイト時代には、制裁としてスポーツの国際大会参加などが禁止されていたが、アパルトヘイトが終わり、その制裁が解け、最初の黒人と白人の合同ラグビーチームがワールドカップに参加した際には、当時のネルソン=マンデラ大統領は、国歌として吹奏された「Nkosi Sikelele iAfrika」のパートを、観客席で感慨深げに目をつむり聞いていた。

【原題】 CRY FREEDOM
【製作年】 1987
【製作国】 製作国 
【監督】 リチャード=アッテンボロー
【出演】 ケヴィン=クライン
     デンゼル=ワシントン 

                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]