法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『華氏451』

I・M 記
                                                           

 いま話題のマイケル=ムーア監督最新作『華氏911』のタイトルモデルとなった作品です。
 未来社会の設定ですが、そこは活字を読むことが禁止された管理社会。消防士の仕事は、本の捜索と焼却というもの。主人公のモンターグは、消防士ですが、小学校教師見習いのクラリスという女性と出会うことで、本に関心をもちはじめ、遂には消防署から離れ、管理社会に決別します。モンターグが向かったのは、「本の人々」が暮らす山奥のコミュニティー。ここでは、一人一人が本一冊をまるごと暗記し、その物語が口承されています。
 『華氏451』とは、本が燃えてしまう温度。本という人類の歴史を越えた知的財産ともいうべき価値の意義について、抑制的で誌的な映像が問いかけてきます。雪が降るなかでのエンディングも印象的です。
 ちなみに、マイケル=ムーア監督の『華氏911』ですが、この作品では9・11事件以降の世界の状況もふまえて、自由の燃え上がる温度としての意味が込められています。

【原題】 FAHRENHEIT 451
【年代、国】 1966年 イギリス/フランス
【監督】 フランソワ=トリュフォー 
【出演】 オスカー=ウェルナー
     ジュリー=クリスティー
 

                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]