法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『父と暮らせば』

H.T 記
                                                           

 大方の日本人にとって、「ヒロシマ」がイラクの多くの人々と想いを共有できるコトバだったということは、最近の新しい発見の一つだったのではないだろうか。
 その「ヒロシマ」を描いた井上ひさしの戯曲「父と暮らせば」が映画化され、7月末から公開されている。黒木監督の戦争レクイエム3部作の最後の作品となる。

 原爆が落ちて3年後の広島、一人だけ生き残ってしまったことに負目を抱き、幸せになることを拒みながら生きている娘・美津江。そんな彼女の前に、ある日、原爆の資料集めに情熱を注ぐ青年が現れる。彼女は彼に魅かれる。
 「うちはしあわせになってはいけんのじゃ」(広島弁)と苦しむ美津江。そこに、美津江の心を開かようと、父が幽霊となって姿を現す‥‥。
 父と娘のユーモラスな対話から、原爆の傷跡の深さと、生きる希望を明るく感動的に浮かび上がらせる映画である。
 美津江役の宮沢りえの繊細かつ体当たりの演技も話題になっている。

 「夏休みの映画鑑賞にこの作品を推す。躊躇なく一番に推す」とは、映画評論家、秋山登さんの弁である(朝日27日朝刊)。

【制作】  2004年 
【監督】  黒木和雄
【出演者】 宮沢りえ 原田芳雄 浅野忠信
【上映】  岩波ホール(東京) ワーナーマイカル広島  ユナイテッド・シネマ長崎いずれも7月31日から上映中

                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]