教員が集う 中高生のための映像教室 『憲法を観る』
 
 
トップページ中高生のための憲法の本 第38回『憲法が教えてくれたこと
−その女子高生の日々が輝きだした理由』
 
第38回『憲法が教えてくれたこと−その女子高生の日々が輝きだした理由』
2012年4月16日
 

 女子高生の感動的な青春ストーリーの中に憲法の考え方のエッセンスが盛り込まれています。憲法というものが高校生の日々の生活にも大きく関連していることがわかります。学校で習ったことについて自分なりのイメージを膨らませることになるでしょう。
 この本の特徴は、憲法の規定をどう理解すべきか、どう考えるのか、について、特定の結論を出していません。その大きな論点は提示していますが、読者自身が考えてみるようになっています。自由は保障されるべきか、それともある程度の規制は当然か、格差は当然か、それとも縮小すべきか、犯罪の取締りを強化すべきか、それともえん罪のない社会を目指すのか、等々、いずれもどちらか一方が無条件に正しい、ということではないでしょう。自分の頭で考えることで、自分なりの世界観・人生観を培えるでしょう。

 
【書籍情報
2012年、幻冬舎ルネッサンスから刊行。著者は伊藤真・伊藤塾塾長(法学館憲法研究所所長)。定価は本体1,200円+税。
 
 
 
トップページ憲法教育を考える憲法教育実践の交流知っ得! 憲法注文方法映像内容
普及事務局からのお知らせ生徒からの感想・意見コーナーご意見コーナー「憲法と共に歩む」製作委員会とは関連リンク集