教員が集う 中高生のための映像教室 『憲法を観る』
 
 
トップページ中高生のための憲法の本第30回『早わかり日本国憲法』
 
第30回『早わかり日本国憲法』
2012年2月20日
 

 日本国憲法の103の条文のそれぞれの意味を簡潔・明瞭に解説してくれる本です。それぞれの解説にはその条文の基本的な趣旨に関わる見出しが付いています。たとえば、4条は「政治の権能をもたない天皇」、9条は「憲法九条は世界平和宣言」、13条は「『滅私奉公』から個人尊重の社会へ」、25条は「強者本位の政治に抗して弱者を支える」、38条は「『黙秘』は権利である」、59条は「法律案議決の衆議院優越」、81条は「『憲法の番人』としての裁判所」、94条は「地方自治体は地方政府」、99条は「公職者に向けられた憲法遵守義務」、等々となっています。見出しを見て、自分の理解が不足していると思われること、疑問に感じていることをピックアップしながら学んでみる、そんな読み方もよいかもしれません。もちろん、簡潔に記された本ですので、全体を「早わかり」するにもお薦めです。

 
【書籍情報
2005年、かもがわ出版から「かもがわブックレット」として刊行。著者は小林武・愛知大学法科大学院教授(執筆当時)。定価は本体600円+税。
 
 
 
トップページ憲法教育を考える憲法教育実践の交流知っ得! 憲法注文方法映像内容
普及事務局からのお知らせ生徒からの感想・意見コーナーご意見コーナー「憲法と共に歩む」製作委員会とは関連リンク集