教員が集う 中高生のための映像教室 『憲法を観る』
 
 
トップページ中高生のための憲法の本第28回『平和を求めた人びと(「シリーズ憲法9条」第2巻)』
 
第28回『平和を求めた人びと(「シリーズ憲法9条」第2巻)』
2012年2月6日
 

 日本国憲法の大きな柱に平和主義があります。日本国憲法の制定には当時の国際情勢や日本国民の平和への願いが反映したのですが、この本は平和を願って発言し行動した内外の人々を紹介しながら、憲法の前文と9条の平和主義の考え方を学ぶものとなっています。
 歌人・与謝野晶子や新聞記者・石橋湛山が戦前に主張していたこと、首相・幣原喜重郎が憲法制定の際に主張したことなどが紹介されています。また、日本からの独立を訴えた朝鮮人・柳寛順、ドイツのナチスに抵抗したピカソとアンネ・フランク、非暴力を貫いたガンジーや平和外交をすすめたネルー、などの主張と行動が綴られています。
 平和を求めた人はこのほかにも多くいます。自分なりに調べてみると、参考になるいろいろな生き方を発見できるかもしれません。

 
【書籍情報
2005年、汐文社から刊行。歴史教育者協議会・編。定価は本体2,000円+税。
 
 
 
トップページ憲法教育を考える憲法教育実践の交流知っ得! 憲法注文方法映像内容
普及事務局からのお知らせ生徒からの感想・意見コーナーご意見コーナー「憲法と共に歩む」製作委員会とは関連リンク集