教員が集う 中高生のための映像教室 『憲法を観る』
 
 
トップページ中高生のための憲法の本第25回『憲法九条を世界遺産に』
 
第25回『憲法九条を世界遺産に』
2012年1月16日
 

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さんが日本国憲法9条の意義についての自分なりの考え方を述べ、大変注目を集めた本です。文化人類学などの専門家・中沢新一教授との臨場感のある対談録です。
 戦争を放棄し、戦力も持たないとする日本国憲法9条の規定は、普通の国の憲法にはない、実に珍しいものです。非常識だと言われることもあります。しかし、日本国憲法9条が生まれた背景には世界の人々の長年の平和への願いや知恵が反映していることなどを中沢教授が説き、太田光が9条にどう向き合うかを、芸に生きる者としての感性で語ります。
 9条を守るべきか、変えるべきか、は日本社会の最大の論争の一つですが、二人の対談から、単純に結論を出す前に、物事を多面的に考える重要性をふまえ、自分なりに考え、自分なりの言葉にする大切さを学べる気がします。この社会にどう向き合うのかへの二人の気概・迫力も伝わってきます。

 
【書籍情報
2006年、集英社新書として刊行。著者はお笑いコンビ「爆笑問題」の太田光氏と文化人類学者・中沢新一氏。定価は本体600円+税。
 
 
 
トップページ憲法教育を考える憲法教育実践の交流知っ得! 憲法注文方法映像内容
普及事務局からのお知らせ生徒からの感想・意見コーナーご意見コーナー「憲法と共に歩む」製作委員会とは関連リンク集