教員が集う 中高生のための映像教室 『憲法を観る』
 
 
トップページ中高生のための憲法の本第23回『憲法読本 第3版』
 
第23回『憲法読本 第3版』
2012年1月2日
 

 中高生向けに書かれた憲法の入門書です。自由権・社会権をはじめとする人権、平和主義、国民主権と議会制民主主義、権力分立、地方自治など、それぞれの考え方と全体像を学ぶことができます。
 同時に、世界の歴史の中で憲法がどのように生まれ発展してきたのか、日本国憲法はどのように生まれたのか、日本国憲法はどのような役割を果たしてきたのか、などについて詳細にわたって丁寧に綴られています。
 この間、国会議員などが、日本国憲法制定後早い時期から、憲法の解釈を拡大して政治をすすめたり、憲法の「改正」を唱えてきました。この本はこうした政治の動きもたどりながら、その問題点を厳しく追及しているところにも特徴があります。
 2004年に出された本ですので、憲法に関わるその後の諸問題は別途学ぶことになりますが、中高生が憲法を体系的に学ぶことができる書といえます。

 
【書籍情報
2004年、岩波書店から岩波ジュニア新書として刊行。著者は一橋大学名誉教授の杉原泰雄さん。定価は本体920円+税。
 
 
 
トップページ憲法教育を考える憲法教育実践の交流知っ得! 憲法注文方法映像内容
普及事務局からのお知らせ生徒からの感想・意見コーナーご意見コーナー「憲法と共に歩む」製作委員会とは関連リンク集