教員が集う 中高生のための映像教室 『憲法を観る』
 
 
トップページ 中高生のための憲法の本 第1回『新版 主権者はきみだ −憲法のわかる50話』
 
第1回『新版 主権者はきみだ −憲法のわかる50話』
2011年7月25日
 

 憲法の基本的な考え方を身近な話題を通して学べる書です。一話完結型(すべてのテーマが4ページ)で、著者=森英樹さん(名古屋大学名誉教授)お得意のダジャレを交えて面白おかしく、重要な内容が平易な文章で書かれています。いくつかテーマを紹介しましょう。「制服は何を征服するのか −個人と集団」「自由と勝手のちがい −『個人の自由』の考えかた」「小さな社会の大きな問題 −家庭と個人の尊厳」「罪つくりの罪 −冤罪の構造と死刑制度」「アラブのあぶらの物語 −湾岸戦争の真相と憲法」・・・。毎晩夜寝る前に一話づつ、通学電車の中で三話づつ、なんて読み方もできます。うんうん、なるほど、の連続で一気に読みきってしまう人もいるでしょう。これから主権者になっていく中高生が憲法の考え方を学ぶ最良の書の一つです。

 
【書籍情報
1997年、岩波書店から岩波ジュニア新書として刊行。著者は森英樹・名古屋大学名誉教授。定価は819円(本体780円+税)。