法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

守屋克彦さん講演映像配信のご案内

修正日(2009年11月19日)2009年6月1日

 法学館憲法研究所の連続講演会「日本国憲法と裁判官」第1回(2009年5月22日)での守屋克彦さんの講演映像(約60分)を配信します。

 守屋さんは、日本国憲法への思い、裁判官の仕事と役割、「司法の危機」と裁判官たちの努力の歴史、などを語ってくださいました。裁判員制度が始まり、多くの市民の裁判への関心が高まっている今、ぜひ裁判官の仕事とあり方、苦労と努力を知り、裁判の場でも憲法の考え方を実現させていく機会にしていきたいと思います。
 連続講演会「日本国憲法と裁判官」の各回の様子はこちら

 守屋さんが講演にあたって配布した資料2点は下記の通りです。ぜひプリントアウトして資料を見ながら守屋さんのお話を聞いてみてください。
 (法学館憲法研究所事務局)

1、日本国憲法と裁判官企画メモ(自分史も含めて)【PDF】
2、自分史メモ【PDF】

◆守屋克彦さんのプロフィール

1934年生まれ。東京家庭裁判所判事、仙台家庭裁判所判事、仙台高等裁判所判事、仙台高等裁判所秋田支部長等を歴任。2000年4月、東京経済大学現代法学部教授。現在、東北学院大学大学院法務研究科教授・仙台弁護士会弁護士。『裁判官の身分保障』(勁草書房、1972年)、『少年の非行と教育』(勁草書房、1977年)、『自白の分析と評価』(勁草書房、1988年)、『少年法の課題と展望 第1・2巻』(共著、成文堂、2005年)など少年法、刑事司法に関する著作が多い。

 

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]