法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

事務局からのお知らせ

 

「08秋! 憲法を本質的に考えるリレーレクチャー」のご案内

2008年8月4日


 不安定雇用、高齢者福祉の後退、消費税引き上げ問題、財政再建、自衛隊の海外派遣、北東アジア情勢・・・。
 戦後最大の曲がり角ともいえるこんにち、戦後社会に果たしてきた日本国憲法の役割について、憲法の基本的考え方から捉え直すことがいよいよ重要となっています。07年に憲法改正の手続法が制定され、憲法改正国民投票が将来実施されることも念頭に、憲法について本質的に考えてみます。
 多くの方々のご参加いただきたく、ご案内致します。
 (法学館憲法研究所事務局)

【日時・テーマ・講師】
第1回 2008年9月13日(土)午後3時〜5時 
「憲法9条の歴史と未来」
講師:山内敏弘氏(龍谷大学教授・法学館憲法研究所客員研究員)
 協賛: Peace Night 9 実行委員会

第2回 2008年10月4日(土)午後3時〜5時
「時代・社会を憲法で検証する−マスコミの各種報道を素材に」
講師:水島朝穂氏(早稲田大学教授・法学館憲法研究所客員研究員)

第3回 2008年11月15日(土)午後3時〜5時
「雇用、福祉、生活のあり方と日本国憲法」
講師:森 英樹氏(龍谷大学教授・法学館憲法研究所客員研究員)
 協賛:NPO法人「POSSE」

第4回 2008年12月6日(土)午後3時〜5時
「世界史の中での日本国憲法の意義」
講師:浦部法穂氏(名古屋大学教授・法学館憲法研究所主席客員研究員)
 協賛:歴史教育者協議会

【会場】 伊藤塾高田馬場校(高田馬場駅早稲田口から徒歩3分)(地図はこちら
【入場料】各回1000円(法学館憲法研究所賛助会員・学生・伊藤塾塾生は500円)
     <全4回通しで参加される方は3000円(法学館憲法研究所賛助会員・学生・伊藤塾塾生は1500円)>
【主催・問合せ先】
     法学館憲法研究所
     電話 03-5489-2153 ファックス 03-3780-0130 E-mail


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]