法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

今週の一言

 

9条世界会議関西2013(10/13-14)
—世界の目線で、憲法9条を考えてみませんか

2013年8月19日



梅田章二さん(弁護士・9条世界会議関西2013事務局)

 9条世界会議関西2013
  <国際シンポ(10月13日、関西大学千里山キャンパス)>
  <記念イベント(10月14日、大阪市中央体育館)>

■いま、あらためて9条を考えましょう。

 日本国憲法9条は、戦争放棄、交戦権の否認、軍隊の不保持を定めています。いま、これをごっそり変えて、自衛隊を国防軍にして、海外でも戦争ができる憲法に変えようという議論が活発になっています。その理由は、「今の憲法は占領下につくられたもので屈辱的なものだ」とか「北朝鮮や中国に対抗するためだ」とか「国際貢献だ」、とかいうものです。
しかし、紛争がいまだ収まらない世界では、9条が高く評価されています。また、日本の自衛隊が、これまで海外で戦闘行為をしてこなかったのは9条の強い抑止力があったからではないでしょうか。軍事力の行使で国際貢献できたという例があったのでしょうか。改憲派の政治家のなかから、「命令拒否は死刑か懲役300年」というような物騒な」発言も出ています。いま、あらためて9条を変えていいかどうかが、問われています。

■大阪で9条世界会議を開催します。

 9条世界会議は、2008年に東京で行われました。あれから5年、再び、9条の危機が訪れています。でも、今度は前回の時よりも深刻な危機です。
 9条世界会議関西2013は、2008年の9条世界会議を継承する全国的な取り組みです。前回の世界会議は東京で開催され、多くの人が参加し、当時の改憲を阻止するおおきな力となりました。今回の大阪での取り組みは、全国的意義をもつとして、前回の共同代表の池田香代子さん(翻訳家)、新倉修さん(青山学院大学教授)、吉岡達也さん(ピースボート代表)も、加わっていただいています。また、集会成功に向けて全国から55人、関西からは64人の著名な方に呼びかけ人となっていただいています(7月27日現在)。

■国際シンポ(10月13日、関西大学千里山キャンパス)で何を議論するのか。

 海外からは、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界各地から、平和運動に取り組んでいる第一線の市民活動家や研究者・法律家など約20人のゲストを招待する予定です。また、国内ゲストとしては、現在のところ、伊藤真さん(伊藤塾塾長・弁護士)、ロニー・アレキサンダーさん(神戸大学大学院教授)、高遠菜穂子さん(イラク支援ボランティア)が決まっています。
 午前は全体会、午後は3つの分科会に分かれて議論します。
 第1テーマは、「戦争のない世界」です。1999年にオランダのハーグで開催された世界平和市民会議や2006年カナダのバンクーバーで開催された世界平和フォーラムでは、9条を世界に広げようという呼びかけがされました。9条には条文で書かれたこと以上に平和へのメッセージが豊富に含まれています。核兵器など大量破壊兵器の廃絶、紛争地域への武器輸出の禁止、戦争の経済から平和の経済へ、平和の文化、平和教育など平和を築くメカニズムが9条に含まれています。9条の持つ普遍性を具体化する議論をします。21世紀の人類と地球がめざす大きな平和構想をイメージしましょう。
 第2のテーマは、「アジアのなかの9条」です。アジア、特に北東アジアでは、朝鮮半島の核・ミサイル、島嶼部の領土問題、歴史認識などに起因する「不信と対立」がますます深刻化しています。「不信と対立」から「信頼と協調」というオルタナティブをいま真剣に議論しなければなりません。9条は、アジア太平洋戦争の反省の上に、日本が平和国家として再出発したときのアジアや世界に対するに約束でした。また、9条は、東アジアにおける地域的な平和と安全の基礎となってきました。9条はアジアの平和にどのように貢献できるのかを議論します。
 第3のテーマは、「平和への権利」です。これまでは「平和」は、国連安保理などで取り上げられる問題だと考えられていました。しかし、いま国連の人権理事会で、「平和」を個人の人権として位置づけ、そこから、たとえば兵役拒否の権利を認めようという議論がされています。これは、日本国憲法前文の「平和的生存権」と通じるところがあります。

■1万人の参加で記念イベントを成功させましょう(10月14日、大阪市中央体育館)

 午前の部では、「戦争のない世界へ」、「アジアのなかの9条」、「若者によるワークショップ」の3つのワークショップをします。
 午後の部では、海外・国内のゲストのスピーチ(海外ゲストからはアメリカ・韓国・チュニジアなど、国内ゲストからは、沖縄から高里鈴代さん、福島から武藤類子さん、脱原発を発信している藤波心さん)、また、文化行事としては、上條恒彦さんの出演、1000人の合唱団など盛りだくさんの企画が準備されています。UAさん、オリバーストーン監督などからのビデオメッセージも予定しています。

  参加協力費
   国際シンポ(10/13) 一般 1000円 学生 無料
   記念イベント(10/14)一般 1000円 大学・専門学校生 500円 高校生以下無料

  詳しい情報は、
  http://9jou-kansai.com/
  をご覧ください。

 今年の秋、改憲を絶対に許さないという大きな世論を巻き起こしましょう。

梅田章二(うめだ しょうじ)さんのプロフィール

1982年弁護士登録、大阪弁護士会所属、日本国際法律家協会副会長、9条世界会議関西2013事務局。






 
[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]