法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

今週の一言

 

民意と乖離した憲法審査会の議論と、安倍政権下で進む改憲の動き

2013年4月1日



高田健さん(許すな!憲法改悪・市民連絡会)

【両院で憲法審査会が再開】
 安倍政権のもとで憲法審査会が3月13日(参議院)、14日(衆議院)、21日(衆議院)と開催され、参議院は4月3日にも開かれる。会議は比較的ひんぱんだが、議論の内容や出席率など中身はお粗末だ(例えば14日の衆院での審議の途中、自民党の委員の出席が半分以下にまで減り、たまりかねた保利耕輔会長が特別に発言し、注意をうながした)。
 総選挙の結果、衆院憲法審査会は会長は民主党から自民党の保利耕輔氏に代わり、委員50人中、改憲を主張する自民党委員が31人(うち会長を含め審査会の運営を決める幹事は10名中7名)になり、あらたに「日本維新の会」が幹事1名と委員5名を占めた。これに「みんなの党」の委員2名を加えると、委員の約8割が改憲を標榜する政党になった。他には民主党が幹事1名、委員5名、公明党が幹事1名、委員2名、生活の委員が1名だ。一方、社民党は委員の割りあてを失い、護憲を主張する政党は共産党の笠井亮議員1名(幹事会ではオブザーバー)のみとなった。
 衆院憲法審査会はまさに改憲のための審査会の様相になった。

【13日の参院憲法審査会は2院制維持が多数意見】
 議論のテーマは、「二院制の在り方について」で、共産党の井上哲士委員が「憲法調査会の時代には2院制への批判は主として"参院は衆院のカーボンコピーだ"というものだったが、いまは"衆参ねじれ国会"批判が主流だ」と、問題点を指摘した。「カーボンコピー」論(「衆議院と同じ内容では参議院は必要ない」という)と「ねじれ」(「決められない政治」はよくないという)批判はまったく相矛盾する口実だ。改憲派はまず改憲ありきの立場で「2院制」をあれこれと批判し、ご都合主義で改憲の主張のためにする。
 1院制を主張する党は「みんなの党」と今回から初登場の「日本維新の会」で、みんなの党の江口克彦委員は「1院制にすれば迅速で効率的な意志決定ができる」とか、「院の維持にかかる諸経費も不要になる」(!)などと主張した。自民党も衆議院側では1院制論が少なくないが、参議院では自民党の委員も2院制維持論が多い。参議院は4月3日に再度「2院制について」審議し、その後、「新しい人権」などを取り上げて行く意向だ。

【衆議院は改憲論が圧倒的】
 衆院憲法審査会は昨年すでに第4章までの検討を済ませたのだが、総選挙を経て新たに議員になった委員が多いとおさらい的な審議を行うようにした。
 14日は「憲法第1章、2章について」。第1章の討議では自民党の船田一幹事が自党の改憲草案を解説して、「現行憲法の第3条が"(天皇の国事行為は)内閣の助言と承認を必要とし"としているのは天皇陛下に礼を失するので"進言"に変えた」と得々として説明し、「自民党は"天皇を戴く国"にするという復古的な思想に染まりきっている」ことを示した。首相公選論の維新の会の馬場伸幸委員は「日本は天皇を元首とする立憲君主国だ」と述べた。みんなの党も天皇を元首にして首相公選だと主張した。
 第2章では、自民の中谷元委員が「国防軍明記」を主張。維新の馬場委員は「いま広がっている領土への不安の根本原因は9条にある」と9条改憲を主張。みんなの党の畠中光成委員は「2年間の国民的議論を経て9条改憲へ」と述べ、3党がそろって9条改憲論を展開した。
 しかし99条改憲から始めて、「9条改憲で国防軍」という憲法審査会での議論は、世論調査で「9条支持」が多い民意との乖離もはなはだしいものだ。
 21日の衆院審査会の第3章の討議では自民党の保岡興治氏が「(現行憲法下で)基本的人権を尊重するあまり、自分勝手、利己主義が広がった」として、「公の秩序」を基準に人権を制限し、義務を明記するよう主張。第4章の討議では最高裁が指摘した「1票の格差」是正についての議論があり、地方選出の自民党議員などから「人口比による選挙区割りだけでなく、面積も考慮すべきだ」等の反発が相次いだ。

【集団的自衛権行使など解釈改憲と、96条明文改憲に反対する世論を】
 安倍首相はいま、国会の議論などで「96条から始める」「9条を変え、国連軍など集団的安全保障に参加する」など、行政府の長としては違憲に問われるべき発言を繰り返している。安倍政権はF35や化学防護服の外国との共同生産など、武器輸出3原則の破壊をすすめながら、「安保法制懇」を再稼働させ、集団的自衛権の行使に向け、従来からの政府見解の変更を企てている。
自民党の改憲草案に沿って、9条など憲法の全面的改悪をめざす96条改憲もこれとあわせてすすめられている。この中で日本維新の会やみんなの党などの右翼改憲政党が、「96条研究会」を結成するなど、憲法審査会やマスコミなどの場を通じて、先兵の役割を果たしている。維新の会の橋下代表は16日、「首相は自民党内のTPP反対派に『いざという時は維新と組む』との考えを表に出して党内が収まった」と語り、「憲法96条改正でも、公明党が連立を組んでいるが、維新は首相の決断を応援する」などと、改憲の先兵になる決意を語った。
 永田町での改憲暴走が始まった。私たちは全力をあげてこれに反撃しなくてはならない。

◆高田 健(たかだ けん)さんのプロフィール

1944年12月福島県生まれ/99年「許すな!憲法改悪・市民連絡会」結成/02年「WORLD PEACE NOW」結成/04年「九条の会」事務局員/08年「9条世界会議」実行委員/2011年さようなら原発1000万人アクションに参加
著書/「改憲・護憲 何が問題か〜徹底検証・憲法調査会」、「自衛隊ではなく、9条を世界へ」、共著/「中高生からの平和憲法Q&A」など


<法学館憲法研究所事務局から>
法学館憲法研究所はシリーズ「憲法とともに歩む」製作委員会の構成団体として「戦争をしない国 日本」の続編である「STOP戦争への道」を製作し、普及をすすめることにしました。読者の皆様のご参加をお待ちしております。



 
[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]