法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

今週の一言

 

日本国憲法の大切さ伝えるCD「レクイエムいのちこそ」

2009年12月14日

高岡岑郷さん(世田谷・九条の会事務局員)

 世田谷・九条の会は、「4周年記念・講演と音楽のつどい」を2009年2月7日(土)午後、世田谷区民会館で開き、950人が参加し、九条の重さをしっかり心に刻み合いました。このつどいは、次のようなプログラムでおこなわれました。
@朗読:「『蟹工船』(小林多喜二)から」・・・・・・鈴木瑞穂さん(俳優)。
A講演:「音楽から見えてくる平和、そして未来」・・・湯川れい子さん(音楽評論家)。
Bトーク:『いのちこそ』によせて・・・・・・・・・池辺晋一郎さん(作曲家)。
C合唱:レクイエム『いのちこそ』(構成:土井大助、作曲:池辺晋一郎)
 演奏:松原混声合唱団、(指揮)清水敬一さん、(ピアノ)小田裕之さん。



 つどいは、実行委員長の吉原公一郎さん(作家)が、「不況になると戦争待望論、憲法を変えようという声が出てくる。危険な動きに警戒しよう」の開会あいさつではじまりました。続いて、俳優の鈴木瑞穂さんが、小林多喜二の『蟹工船』を朗読。最後の部分、「そして、彼等は、立ち上がった。―もう一度!」と朗々と通る声で締め括り、参加者に深い感動を与えました。
 音楽評論家の湯川れい子さんは、音楽好きだった長兄の戦死から音楽の道に進んだことなど自らの戦争体験を交えて、平和を守る覚悟、九条への思いを世界の元首脳たちなどの戦争と平和の発言も紹介しながら講演しました。そして、「九月までには必ず総選挙がある。9条を守る人と政党に投票し、声援しましょう」と訴え、大きな共感の拍手に包まれました。
 作曲家の池辺晋一郎さんは、『レクイエム いのちこそ』に寄せて、その思いなどを洒脱な語り口で会場を湧かせながら、「この曲が演奏されなくなる日が来るためにがんばる」と述べました。
 最後に、区内の松原で誕生し全日本合唱コンクール全国大会で金賞を受賞した松原混声合唱団が、『レクイエム いのちこそ』を歌い上げました。澄んだハーモニーが会場に響き、聴衆を魅了しました。
 「すばらしかった。涙が流れるのを止められなかった」、「詩も曲もすばらしい」、「歌でこれだけの訴えが出来る、素晴らしい」、「ハーモニーの迫力と美しさにびっくりしました」、「一流の合唱団で、若い人たちの澄んだハーモニーに感激した」、「松原混声合唱団、初めて聴きましたが、透明な響きで、この曲を歌うのにふさわしいと思いました」、「合唱にはこういう表現力があるのか」など、たくさんの感動あふれる参加者の声が寄せられました。
 実行委員会では、これらの感想に励まされて、「あの感動をふたたび」の思いを込め、CD制作にとりくみました。このCDによって、日本国憲法の大切さが伝えられていけばと願っています。              

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
CD
混声合唱組曲『レクイエム いのちこそ』
構成・作詞:土井大助  作曲:池辺晋一郎  演奏:松原混声合唱団
T・トーク「いのちこそ」によせて 池辺晋一郎
U・混声合唱「レクイエム いのちこそ」(会場録音)
 1・よびかけ、 2・虫けら、 3・川面に、 4・祈り、 5、誓い。
V・アンコール「アヴェ・マリス・ステッラ」

1枚:800円(送料200円)
 郵便振替で申込みの方は、1枚1000円でご送金ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(お問合せ・お申込先)
世田谷・九条の会〒154‐0023 東京都世田谷区若林4−30−10
           Fax:03‐5779‐3668 TEL:03‐5779‐3667
郵便振替口座:記番号 00110‐5‐260741 口座名:世田谷。九条の会


◆高岡岑郷(たかおか しんごう)さんのプロフィール

 1934年、東京で生まれる。国民学校4年のとき、虚弱児童のため父母の郷里・新潟県へ縁故疎開。高校卒後に上京。元・東京都教職員組合執行委員長。
 現在、国民学校一年生の会事務局長、東京大空襲・戦災資料センター運営委員、東京革新懇代表世話人、九条の会東京連絡会事務局員、世田谷九条の会事務局員、代田九条の会事務局員など。詩人会議会員、詩集『いつも新しい出発』など。



 
[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]