法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

今週の一言

 

反戦・平和を唱えた山宣(やません)を語り継ぐ

2009年4月13日

薮田秀雄さん(宇治山宣会会長)


山本宣治 1889年5月28日−1929年3月5日

―――宇治山宣会は、戦前に反戦・平和を唱え、治安維持法に反対してたたかった労農党代議士・山本宣治(通称「山宣(やません)」)の生誕120年にあたって、様々な企画を準備・実施しておられます。まずは、どのような取り組みをされているのかをお聞かせください。
(薮田さん)
山宣は宇治で育ち、宇治の墓地に眠っており、私たちは毎年、山宣の命日である3月5日に墓前祭を、5月の生誕月に記念講演会を開催しています。今年の墓前祭にも全国各地から約300人が参列してくださいました。
今年は山宣の生誕120年と没後80年にあたりますので、5月には山宣が教鞭をとった同志社大学で講演会(記念事業実行委員会・代表安斎育郎 主催)を開催し、私たちは山宣の人生と活動を紹介するビデオ・DVDを制作中です。

―――山宣会はこれまで墓前祭の他にも様々な活動を地道にすすめてこられましたね。
(薮田さん)
墓前祭は戦後まもなくの時期から始まっています。20年前の生誕100年の時には、若者向けの山宣の劇画をつくり、地域の学校に配りました。毎年会誌「山宣」を発行し、会員向けのニュースも配っています。山宣の墓や山宣資料館のガイドもおこなっています。
山宣会は宇治だけではなく、長野県上田や大阪、東京、愛知にもつくられています。長野県の別所温泉では山宣を追悼する碑が戦後再建され、毎年10月に碑前祭が行われています。

―――新たにつくる山宣のビデオ・DVDはどのようなものなのでしょうか。
(薮田さん)
山宣を描いた映画として山本薩夫監督の『武器なき斗い』という作品があり、その上映会の開催などもすすめています。今回新たにつくっているビデオ・DVDには山宣のカナダ時代のことなども描き、山宣が反戦・平和の思想と不屈の思想を形成していった過程も紹介したいと思っています。山宣の葬儀の映像などもあり、興味深い作品ができると思います。制作は30代の若い方が担当しています。山宣は素晴らしい人間でしたが、特定の人たちだけがその活動と思想を引き継ぐのではなく、若い多くの人々にそれを伝え、共感を広げなければならないと考えています。
ビデオ・DVDの制作とあわせて、山宣という人間とその思想を伝える入門編のブックレットも5月をめざし制作中です。

―――山宣を顕彰する活動は地域の労働組合なども力を尽くしているようにお見受けします。賃金や労働条件に関わる課題とともにこの運動を重視している思いをお聞かせください。
(薮田さん)
墓前祭は労働組合、市民団体の実行委員会で開催します。宇治山宣会は365日山宣を顕彰する個人会員の市民団体です。山宣が戦前命がけで反戦・平和を唱えたたかったことが今日の日本国憲法の平和主義の考え方に結びついています。ですから山宣を顕彰する活動を引き継いでいくことは宇治の地の労働組合運動の重要な課題だと考え、私も組合の役員として関わってきました。

―――これまでの活動への反響などをお聞かせください。
(薮田さん)
毎年の墓前祭には全国各地から多くの方々に参加していただいています。治安維持法、国民救援会、医療、教育、労働組合、政党の方々など様々です。昨年は韓国から、今年はスイスの方が参加されました。性教育の研究者でもあったので、その関係の方々もいらっしゃいます。
私たちは各地からいらっしゃる方々から山宣の資料館などのガイドを頼まれます。皆さんが私たちの説明を熱心に聞いてくださり、大変ありがたく、また嬉しく思います。
高校生が学園文化祭で山宣をとりあげてくれたこともありましたが非常にうれしいですね。

―――最後に、今後の課題についてお聞かせください。
(薮田さん)
 山宣が暮らしていた花やしき浮舟園には生前の資料が多く残されています。これを本格的に保存・整理し、展示していければと思っています。
 私たちは山宣を単に振り返るだけではなく、その取り組みが医療を守る課題や反貧困の課題など今日のとりくみに活きるようにしなければならないと思っています。各地の「九条の会」などとの連携も広げていきたいと考えています。

―――大変重要な取り組みをされていることがよくわかりました。ぜひ頑張っていただきたいと思います。本日はありがとうございました。

◆薮田秀雄(やぶたひでお)さんのプロフィール

1945年生まれ。宇治市役所では公害対策などに従事。宇治市職員労働組合委員長、宇城久地区労事務局長・副議長・議長代行、京都総評副議長など歴任。
現在、宇治山宣会会長、宇治・世界遺産を守る会事務局長、尹東柱記念碑建立委員会よびかけ人。

 


 
[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]