法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

今週の一言

 

弁護士一人ひとりに9条について問題提起

2009年1月25日

高村順久さん・梅田章二さん・松本七哉さん(大阪弁護士9条の会)
―――「大阪弁護士9条の会」は活発かつ地道な活動を進めておられます。ぜひその思いをお聞かせください。
(高村さん)
 私が「大阪弁護士9条の会の事務局長」ですが、本日は中心的に活動されている方々の中から梅田さんと松本さんにも来ていただき、お話していただくことにしました。
(梅田さん)
 2002・2003年の頃、大阪の弁護士たちは有事関連法の制定に反対する取り組みを進めました。法案は成立してしまいましたが、大阪社会文化センター、民主法律協会や青年法律家協会(青法協)、日本国際法律家協会(国法協)、自由法曹団、大阪労働者弁護団などの法律家団体は憲法の改悪に反対する幅広い組織をつくる検討を始めました。憲法改悪に反対する法律家懇談会準備会というものをつくり、市民集会の開催などのとりくみをはじめました。そのような中で2004年6月に「九条の会」の呼びかけがありました。それは私たちが目指すものと同じだと思い、私たちも弁護士の「九条の会」を設立することにし、2004年12月2日に「大阪弁護士9条の会」を立ち上げました。

―――全国各地に様々な「九条の会」がありますが、「大阪弁護士9条の会」が大阪の弁護士一人ひとりに問いかけ、賛同を広げる活動をされていることは特筆されることだと思います。とりくみの状況をお聞かせください。
(松本さん)
 私たちは「大阪弁護士9条の会アピール」への賛同を広げる活動をしてきました。大阪の過半数の弁護士から賛同を得ることを目標にとりくみ、2007年4月時点で594人の弁護士の賛同を得ることができました。賛同状況は弁護士登録の期毎にも集約し、期によっては過半数を超えました。ホームページでも賛同状況を明らかにしています。

―――594人の弁護士が意思表示をされる状況がつくりだされたことは重要であり、今後のとりくみの礎になるのではないでしょうか。
さて、「大阪弁護士9条の会」は若い弁護士の方々のとりくみを重視しているようにお見受けします。ご紹介いただけますか。
(梅田さん)
 昨年(2008年)は大阪ではじめて市民による憲法ミュージカル「ロラ・マシン物語」の公演が行われましたが、これには若手の弁護士50人くらいが参加し、大成功でした。昨年は9条世界会議が大阪でも開催され、時期的にとりくみが重なったのですが、両方とも成功させることができました。
 「九条の会」は年輩の方々が中心であるように見られることがありますが、大阪の若い弁護士はがんばっています。
(松本さん)
 私たちは若手からの意見をふまえて、2005年には伊藤塾塾長・法学館憲法研究所所長の伊藤真さんを招いた講演会を開催しました。当会のニュースに「私と憲法9条」というコーナーを設け、多くの弁護士の9条への想いを語っていただいていますが、若手の発言を多く掲載しています。「若手座談会」が開催されたこともあります。ニュースの編集も若手が中心です。

―――若手のみなさんには大いに期待したいと思います。
 「大阪弁護士9条の会」は戦争体験を聞き広げる活動も進めておられます。状況をお聞かせください。
(梅田さん)
 終戦60周年にあたる2005年、「戦争ホットライン」を実施し、戦争体験の聴き取りをおこない、「戦争体験を語るつどい」を開催しました。テレビでも報道され、注目されました。年輩の弁護士の自宅も訪ねて聴き取りをしてきました。
 だいぶ前に大阪弁護士会が戦争体験談を集約していましたので、それをさらに発展させたいと考えました。
 
―――最後に、今後のとりくみについてのお考えをお聞かせください。
(梅田さん)
 当会を立ち上げた2004年の頃は安倍政権が明文改憲を叫んでいましたが、いまはむしろ解釈改憲、実質的な改憲が企てられる状況になっています。当面は実質的な改憲を阻止する課題が重要になります。
 また、9条のほかに憲法25条に関わる課題も社会的には重要になっています。
(松本さん)
 2005年頃から毎月9日に「9の日パレード」が行われています。これも当会の活動と同趣旨であり、ぜひ継続・発展させていきたいと考えています。
弁護士の「九条の会」は兵庫や和歌山、滋賀などにもできています。できれば当面関西圏の弁護士「九条の会」の交流の場が持てればと考えています。また、大阪においては、他の職能の「九条の会」との交流もはかっていきたいと思います。
 こんにち大阪の弁護士は3000人を超えましたが、すべての弁護士に当会のニュースを届けています。いろいろな活動をすすめていく上で財政の確立も重要となっています。

―――いろいろなご経験をお聞かせいただき、ありがとうございました。憲法の理念を広げていくために今後ともご一緒にがんばっていければと思います。


◆高村順久(たかむら としひさ)さんのプロフィール

1971年、弁護士登録。2004年から「大阪弁護士9条の会」事務局長。


◆梅田章二(うめだ しょうじ)さんのプロフィール

1982年、弁護士登録。日本国際法律家協会関西支部支部長、大阪憲法会議副幹事長などを歴任。


◆松本七哉(まつもと ななや)さんのプロフィール

1989年 、弁護士登録。多重債務者の事件などをてがける。「大阪弁護士9条の会」事務局。

 


 
[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]