法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

今週の一言

 

いまどきの学生と、いまどきの”Peace Night 9”

2008年9月1日

平野義尚さん(Peace Night 9 実行委員会 事務局長)

2007年イベント
学生九条の会が、都内各地に広がっています。今年も新たに大東文化大学や法政大学で九条の会が結成され、世田谷の地域学生九条の会も秋に結成予定です。2007年11月に開催したPeace Night9では、未来の社会を担う大学生に九条を守り活かそうという世論を広めるために、社会的に学生の思いを発信することと同時に、草の根で学生九条の会のような組織がいきいきととりくみを進めていくことが必要だと実感しました。また、学生にも広げられるという確信も持てました。たくさんの学生と一緒に九条の価値を考えるために、今年も12月12日、早稲田大学大隈講堂でPeace Night 9を開催します。
最近よく、「最近学生が元気でうれしいんだ」と大人の方に言われます。昔と比べたら、今の学生は、元気がないのかもしれないなぁと思いつつ、その原因はやはり物理的にも精神的にも学生が忙しいことにあるのではないかと、大学の活動の中で実感してきました。国立大学でさえ50万円を超える、高い学費による経済的な苦労と親への罪悪感、就職活動の早期化や不安定雇用が広がる中での将来への不安。そして競争教育の中で、お互いに蹴落としあうかのように、一人ひとりがバラバラにされている状況。社会の中での自分の居場所を見つけ、しがみつくのが精いっぱいで、社会をどう変えていくかという発想に立てないでさえいる、そんな雰囲気があります。「みなさん、一緒に九条を守りましょう」とただ宣伝をしても反応がない、企画を開いても人が来てくれない……平和の思いを主張することに、「平和活動なんて、あいつはあぶないんじゃないか」といった対応をされて、息苦しさを感じたこともたくさんありました。しかも、大学はある年数でみんな卒業していくという、草の根の組織がじっくりと作りにくい特殊な環境です。一時的に大きく平和の運動が盛り上がっても、担い手が卒業することで休止してしまった学園がたくさんありました。
この状況を変えて、じっくりと草の根で平和を語る組織を広げ、九条を守る仲間を広げたい。各学園の九条の会や平和な世の中にしたいという学生が一緒に成功を目指す結節点として、去年の11月に初めて「Peace Night 9」を開催しましました。この企画に向けて、都内のいろいろな大学で九条の会を再建したり立ち上げたりしながら、それぞれの大学でさまざまな趣向をこらした「プレ企画」を行っていきました。100人を超える学生の参加が相次ぐ中で、「学生も本当は九条が活かされる社会を願っているんだ」と実感していきました。その後も企画当日に向けて各大学で雰囲気を盛り上げ、バスツアーなども組織しながら呼びかけ、当日は会場いっぱいの1100人が集まりました。各学園での草の根の運動の積み重ねが、1000人以上の企画につながった。このことが、全都の学生にとって大きな自信になりました。
今年も、新入生を歓迎する運動から各大学の九条の会のとりくみがスタートしています。中央大学では小森陽一先生と雨宮処凛さんの対談企画を開催し、166人が参加しました。東京大学の学園祭企画は350人が集まる大きな企画となりました。また、Peace Night 9実行委員会が主催した「9条世界会議・東京学生ツアー」では、交流会に67人が参加して、参加者の元気と成長につながりました。こういった運動の中で、ある大学では、「九条の会の人たちがあたたかいから」といって新入生が仲間になっていることも、特徴的です。秋には様々な大学で「プレ企画」の準備が進められています。すべての大学がうまくいっているわけではありませんが、新入生や新しい仲間を交えて、元気に運動を進めている大学が広がっています。
さらにこの夏には、学生九条の会交流誌「Peace Night 9」を発行して、学生九条の会のとりくみを語り広げています。『バッテリー』の著者あさのあつこさんとのインタビュー、2007年のPeaceNight9フォトアルバムなど、充実した内容です。このパンフレットも広げながら、大きく草の根からの運動を積み重ねて、今年の12/12のPeace Night 9は2000人の参加を目指したいと思っています。いまどきの学生らしく、あたたかい人間関係をつくり、励ましあい、支えあい、学びあいながら、九条の大切さを語りひろげてがんばっていきます。


<法学館憲法研究所事務局から>
9月13日(土)に開催する当研究所の講演会「憲法9条の歴史と未来」(講師:山内敏弘教授:PDF)には「Peace Night 9 実行委員会」も協賛団体となり、当日は学生からの報告もいただくことになっています。



 
[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]