法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

今週の一言

 

憲法を深く学び考える

2008年1月1日

伊藤真(法学館憲法研究所所長)

 明けましておめでとうございます。
 昨年は全国各地の多くの方々とともに憲法について語り合うことができました。ありがとうございました。本年もさらに多くの方々と憲法を学び広げていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

 日本国憲法施行60年となった昨年は、年初から安倍首相が憲法「改正」を唱え、そしてそのための国民投票法を国会で成立させる年になりました。ついに、2010年には憲法「改正」を国会が発議できることになりました。憲法「改正」を唱える人たちはついにそのための第一ハードルをクリアーしたのです。
 一方、参院選で大敗した安倍首相は退陣し、その後憲法「改正」の動きは「影をひそめる」ことになりました。それは憲法「改正」に疑問と不安を感じる国民世論とそれをつくりだした運動によるものでした。この点はおおいに確信にすべきことです。
 当研究所もこの一年間、憲法「改正」の動きに対して、理論的な研究を土台にして警鐘を発し続けてきました。ホームページには様々な分野の方々に登場していただき、憲法に関わる意見や取り組みを語っていただきました。また、憲法をめぐる日々の動きを検証してきました。ドキュメンタリー映画「戦争をしない国 日本」を全国各地で上映していただき、多くの方々にご覧いただきました。
 当研究所は憲法「改正」の動きに警鐘を発するとともに、市民が憲法について深く学び考える連続講座「世界史の中の憲法」を開講し、それをインターネットでオンライン配信しました。さらには、日本国憲法の平和主義の内容と考え方を世界に発信しようと英文パンフを作成し、諸外国の方々への普及をはじめました。
 当研究所は2005年に法学館憲法研究所双書『憲法の本』(浦部法穂著・共栄書房)を、2006年には『日本国憲法の多角的検証』(法学館憲法研究所編・日本評論社)を刊行しましたが、昨年はこれらに加えて多面的なとりくみをすすめることができました。また、私自身も引き続き全国各地の様々な団体や学校などで講演する機会を頂戴し、テレビや新聞・雑誌・Webサイト等様々な場でも発言・寄稿する機会を頂戴してきました(「中高生のための憲法教室」「日本国憲法の逐条解説」「伊藤真のけんぽう手習い塾」「伊藤所長、日々発信中」)。これらは当研究所の賛助会員の皆様、客員研究員の皆様をはじめとする多くの方々のご指導とお力添えの賜物であり、心よりお礼を申し上げます。

 私は今年、これらの活動をさらに発展させ、広げていこうと考えています。
 一つは、憲法学の研究をより深め、その成果を発信しながら、市民の皆さんとともに憲法についてより突っ込んで学び考えていきたいと思います。
前述の通り、憲法「改正」のための国民投票法が昨年成立し、いよいよ国会が憲法「改正」を発議できるようになりました。憲法「改正」をめざす人たちは、今後そのための周到な準備をすすめ、タイミングを見計らって発議することを目指すでしょう。そして、国民が納得するような内容と方法で提案することになるでしょう。したがって、私たちは憲法とその「改正」の意味をよく理解し、これら判断していかなければなりません。
当研究所は今年、憲法についてより突っ込んで学び考える場として、浦部法穂教授による連続講座第2弾「憲法の考え方」を開講します。多くの方々にご受講いただきたいと思います。また、私自身も引き続き全国各地の方々からのご依頼に積極的に応え、講演や執筆活動をすすめます。
もう一つは、日本国憲法を世界に広げる活動をこれまで以上に強めたいと思います。未解決の南北問題、中東や北朝鮮での核問題をはじめ、国際社会をめぐる不安定な状況の中で、諸問題の平和的解決に向け、平和憲法を持つ日本の役割はいよいよ重要です。そして、日本国憲法の平和主義の考え方を世界の人々に伝え広げていくことは、国際社会に新たな展望を指し示すことになります。今年5月には日本で「9条世界会議」が開催されますので、私もその成功のために積極的に関わります。また、日本とドイツの学生たちが日本国憲法9条について語り合ったことを、近く法学館憲法研究所双書として出版する予定です。ぜひ世界の人々と平和を目指していきたいと思います。
2008年年頭にあたり、読者の皆さんのご健康とご多幸を祈りつつ、今年もともに憲法について学び語り合いたく、よろしくお願い致します。

◆伊藤真所長のプロフィール

1958年生まれ。
1984年弁護士登録。
1995年、憲法を実現する法曹養成のため「伊藤真の司法試験塾」(現在の伊藤塾)を開業。弁護士業務を休業して指導に専念。
・法学館憲法研究所所長。
・憲法の理念を広める講演活動も各地で行っている。

日々発信している情報はこちら
動画メッセージのほかに、「中高生のための憲法教室」(月刊「世界」に連載)、伊藤真のけんぽう手習い塾(マガジン9条に連載)、「日本国憲法の逐条解説」(「週刊金曜日」に連載)もぜひご覧ください。

【主な著書】
『憲法のことが面白いほどわかる本』(中経出版、2000年)
『憲法のしくみがよくわかる本』(中経出版、2001年) 
『自分を信じて ゆっくり進め!』(ダイヤモンド社、2002年)
『伊藤真の憲法入門』(第3版)(日本評論社、2004年)    
『伊藤真の明快!日本国憲法』(ナツメ社、2004年)
『高校生からわかる 日本国憲法の論点』(トランスビュー社、2005年)
『憲法の力』(集英社、2007年)



 
[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]