法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

今週の一言

 

丸山眞男からの一言

2007年11月12日

浦部法穂さん(名古屋大学教授・法学館憲法研究所主席客員研究員)
 今回は、政治学者の故・丸山眞男からの一言を紹介します。といっても、それは、いまから55年前に書かれた一つのエッセイです。雑誌『世界』の1952年5月号に寄せられた「現実主義の陥穽」と題するこのエッセイは(丸山眞男『現代政治の思想と行動』に所収)、当時支配権力側が選択した、ソ連などを排除しての「片面講和」、それとセットの日米安保、そして日本再軍備さらには「改憲」へのうごめき、という状況のなかで、「全面講和」、非武装中立という憲法の原点に立った主張に対して、「非現実的だ」という非難が浴びせられたことについて、そうした論じ方自体の問題性を鋭く「警告」したものです。
 なぜいまさらそんな古いものを持ち出すのか、と思われるかもしれませんが、いまもまた、「憲法は現実にそぐわなくなった」とか、「非武装平和など非現実的な戯言だ」とか、9条「改憲」へのうごめきのなかで、やはり、憲法の平和主義を「非現実的」の一言で葬り去ろうとする論調がハバをきかせているではありませんか。「論じ方」は55年前とまったく変わっていないのです。そうして、そのような「論じ方」がいまもまたハバをきかせているという点において、この国の知的レベルは55年前から、いや、それ以上前から、全然向上していないのです。55年前の丸山の「警告」を、いまだに繰り返し言い続けなければならないというのが、まさに「現実」ではないでしょうか。
 丸山は、このエッセイを、こう締めくくっています。
 「以上申したようなことは、いずれも少し物を考える人にとつては、格別目新らしい考えではなく、むしろごく平凡なことです。しかし現在は、何か気のきいたことを一ついうよりは、当たり前のことを百ぺんも繰り返し強調しなければならないような時代ではないかと思つて、敢えて申し述べました次第です。」
 今回は、私が「何か気のきいたこと」を一ついうよりは、55年前の丸山の言をそのまま、それこそ「百ぺんでも」繰り返したほうがいいだろうと思い、以下は、丸山眞男「現実主義の陥穽」からの抜粋を掲げます。できるなら、図書館か古書店で上記の本を探して、全文を読んでもらったほうがいいのですが。

【丸山眞男「現実主義の陥穽」より(傍点は原文ママ)※事務局注 編集の都合上傍点をつけるのではなく太字にしました。】
私はどうしてもこの際、私達日本人が通常に現実とか非現実とかいう場合の「現実」というのはどういう構造をもつているかということをよくつきとめて置く必要があると思うのです。私の考えではそこにはほぼ三つの特徴が指摘出来るのではないかと思います。
 第一には、現実の所与性ということです。
 現実とは本来一面において与えられたものであると同時に他面で日々造られて行くものなのですが、普通「現実」というときはもつばら前の契機だけが前面に出て現実のプラスティックな面は無視されます。いいかえれば現実とはこの国では端的に既成事実と等置されます。現実的たれということは、既成事実に屈伏せよということにほかなりません。現実が所与性と過去性においてだけ捉えられるとき、それは容易に諦観に転化します。「現実だから仕方がない」というふうに、現実はいつも、「仕方のない」過去なのです。私はかつてこうした思考様式がいかに広く戦前戦時の指導者層に喰入り、それがいよいよ日本の「現実」をのつぴきならない泥沼に追い込んだかを分析したことがありますが、他方においてファシズムに対する抵抗力を内側から崩して行つたのもまさにこうした「現実」観ではなかつたでしようか。「国体」という現実、軍部という現実、統帥権という現実、満洲国という現実、国際連盟脱退という現実、日華事変という現実、日独伊軍事同盟という現実、大政翼賛会という現実――そうして最後には太平洋戦争という現実、それらが一つ一つ動きのとれない所与性として私達の観念にのしかかり、私達の自由なイマジネーションと行動を圧殺して行つたのはついこの間のことです。

日本人の「現実」観を構成する第二の特徴は現実の一次元性とでもいいましようか。いうまでもなく社会的現実はきわめて錯雑し矛盾したさまざまの動向によつて立体的に構成されていますが、そうした現実の多元的構造はいわゆる「現実を直視せよ」とか「現実的地盤に立て」とかいつて叱陀する場合にはたいてい簡単に無視されて、現実の一つの側面だけが強調されるのです。(中略)戦後、米ソの対立が日を追うて激化して来たことは、むろん子供にも分る「現実」にちがいありませんが、同時に他の諸国はもとより当の米ソの責任ある当局者が何とかして破局を回避しようとさまざまの努力をしているのも「現実」ですし、更に世界の到るところで反戦平和の運動が――その中にさまざまの動向を含みながら――ますます高まつて来ていることも否定出来ない「現実」ではありませんか。「現実的たれ」というのはこうした矛盾錯雑した現実のどれを指していうのでしようか。実はそういうとき、ひとはすでに現実のうちのある面を望ましいと考え、他の面を望ましくないと考える価値判断に立つて「現実」の一面を選択しているのです。講和問題にしろ、再軍備問題にしろ、それは決して現実論と非現実論の争ではなく、実はそうした選択をめぐる争にほかなりません。それにも拘らず、片面講和論や向米一辺倒論や(公式非公式含めての)再軍備論の立場の側からだけしきりに「現実論」が放送され、世間の人も、またうつかりすると反対論者までつりこまれて「現実はその通りだが理想はあくまで云々」などと同じ考え方に退却してしまうのはどういうわけでしようか。

そう考えてくると自から我が国民の「現実」観を形成する第三の契機に行き当らざるをえません。すなわち、その時々の支配権力が選択する方向がすぐれて、「現実的」と考えられ、これに対する反対派の選択する方向は容易に「観念的」「非現実的」というレッテルを貼られがちだということです。(中略)民衆の間の動向は権力者の側ほど組織化されていず、また必ずしもマス・コミュニケーションの軌道に乗りませんから、いつでも表面的にはそれほど派手に見えませんが、少し長い目で見れば、むしろ現実を動かしている最終の力がそこにあることは歴史の常識です。ここでも問題は「太く短かい」現実と「細く長い」現実といずれを相対的に重視するかという選択に帰着するわけです。
 私達の言論界に横行している「現実」観も、一寸吟味して見ればこのようにきわめて特殊の意味と色彩をもつたものであることが分ります。こうした現実感の構造が無批判的に維持されている限り、それは過去においてと同じく将来においても私達国民の自発的な思考と行動の前に立ちふさがり、それを押しつぶす契機としてしか作用しないでしよう。そうしてあのアンデルセンの童話の少女のように「現実」という赤い靴をはかされた国民は自分で自分を制御出来ないままに死への舞踏を続けるほかなくなります。


◆浦部法穂(うらべのりほ)さんのプロフィール

1946年、愛知県に生まれる。
1968年、東京大学法学部卒業。
      神戸大学大学院法学研究科教授・神戸大学副学長等を経て、現在、名古屋大学大学院法学研究科教授。
      法学館憲法研究所主席客員研究員。
      特定非営利活動法人「人権・平和国際情報センター」理事長。
主著
『違憲審査の基準』(勁草書房、1985年)
『注釈 日本国憲法(上)(下)』(共著)(青林書院、1984年、1988年)
『憲法キーワード』(編著)(有斐閣、1991年)
『「憲法改正」批判』(共著)(旬報社、1994年)
『入門憲法ゼミナール』(実務教育出版、1994年)
『ドキュメント「日本国憲法」』(共編著)(日本評論社、1998年)
『全訂 憲法学教室』(日本評論社、2000年)
『いま、憲法学を問う』(共編著)(日本評論社、2001年)
『法科大学院ケースブック 憲法』(共編著)(日本評論社、2005年)
『憲法の本』(共栄書房、2005年)など多数

浦部法穂さん動画メッセージ(約10分。2007年4月21日収録)はこちらから。


 
[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]