法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

今週の一言

 

憲法を、もっと深く研究し、もっと多くの人々と語り合う

2007年1月1日

法学館憲法研究所所長  伊藤 真
新年おめでとうございます。
憲法をめぐっていよいよ大変重要な年を迎えました。これまで以上に、憲法を、もっと深く研究し、もっと多くの人々と語り合おうと思います。どうぞよろしくお願いします。

 昨年、安倍新政権が発足しました。憲法「改正」を公約の第一位に掲げて自民党総裁に就任した安倍首相は、任期中にそれを実現する決意を内外に明らかにしました。国会では、憲法「改正」のための国民投票法案を修正して成立させようということが与党と野党第一党の間で合意されました。与党も野党第一党も“新憲法”の制定を唱えています。“新憲法”の制定は現行憲法の手続によって実施することはできないのですが、「憲法改正」と称しながら“新憲法”を制定しようとしているのです。当研究所主席客員研究員である浦部法穂教授が指摘するように、それは「革命またはクーデターの企て以外のなにものでもない」(『憲法の本』)のです。施行60年を迎える今年、日本国憲法の「改正」問題は極めて重大な局面を迎えることになりました。
 しかしいま、一方で、多くの人々の間で憲法「改正」の問題点への理解が広がってきています。各地・各分野の「九条の会」は5000を超え、多面的な活動がすすめられています。それは国会議員たちにも影響を与えています。各政党や国会議員は今年の参議院選挙のことも意識することになるでしょう。憲法を、もっと深く研究し、もっと多くの人々と語り合うことによって、“新憲法”制定=憲法「改正」をやめさせ、憲法の理念を社会に活かしていくことになっていくのです。

 当研究所は昨年、『日本国憲法の多角的検証 〜憲法「改正」の動向をふまえて』(日本評論社)を刊行しました。様々な学問領域や分野の方々の素晴らしい論文を収録することができ、社会に問題提起をすることができました。昨年はまた、当研究所はドキュメンタリー映画「シリーズ 憲法と共に歩む」第一篇「戦争をしない国 日本」の製作・普及もすすめました。この映画は日本国憲法公布60周年にあたり、憲法の果たしてきた役割などを歴史的な映像によって検証するものです。いま全国各地で上映がすすめられています。
 当研究所のWebサイトでの情報発信活動も、毎週様々な分野の方々が貴重な発言してくださり、「今週の一言」英語ページ韓国語ページ憲法文献データベースなども充実させることができました。
 これらはすべて、客員研究員や賛助会員、協力者など様々な方々のご協力の賜物です。あらためて感謝申し上げます。

 当研究所は今年、従来からの活動に加え、連続講座「世界史の中の憲法」を開催したり、新しい書籍を刊行することによって、憲法というものの存在意義と役割・機能を歴史的に学ぶことにしています。そのようにして、日本国憲法の本質的な価値を社会に広げる活動をより多面的・効果的に展開していきます。私自身も、引き続き講演や論文執筆などに全力をあげます。ぜひとも多くの市民のみなさんと共に精一杯がんばりたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。


◆伊藤真所長のプロフィール

1958年生まれ
1984年弁護士登録
1995年、憲法を実現する法曹養成のため「伊藤真の司法試験塾」(現在の伊藤塾)を開業。弁護士業務を休業して指導に専念。
・法学館憲法研究所所長。
・憲法の理念を広める講演活動も各地で行っている。
日々発信している情報はこちら。動画メッセージもぜひご覧ください。

【主な著書】
『憲法のことが面白いほどわかる本』(中経出版、2000年)
『憲法のしくみがよくわかる本』(中経出版、2001年) 
『自分を信じて ゆっくり進め!』(ダイヤモンド社、2002年)
『伊藤真の憲法入門』(第3版)(日本評論社、2004年)    
『伊藤真の明快!日本国憲法』(ナツメ社、2004年)
『高校生からわかる 日本国憲法の論点』(トランスビュー社、2005年)

 
[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]