法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

今週の一言

 

うたごえは平和の力

2005年10月31日


小澤久さん(日本のうたごえ全国協議会事務局長)

――うたごえ運動は平和や人権など憲法の理念を広げていくという私たちの問題意識と相通じるところを持っているのではないかと思っています。みなさんのお考えやとりくみをお聞かせください。
(小澤さん)
「うたごえは平和の力」を合言葉に日本のうたごえ運動は発展してきました。戦後平和や民主主義を求める様々な民衆の運動がすすめられましたが、平和で健康なうたを生み出し、歌い広げるうたごえ運動も労働運動や平和運動とともに発展してきました。私たちはいろいろなうたを歌い広げていますが、特に人々の生活に密着したうたを大事に歌い継いできました。できるだけ多くの人たちとうたを通して平和や民主主義に考え広げていきたいと考えたからです。この間のとりくみはまさに日本国憲法とともに歩んできたと言えます。
先日「音楽・九条の会」が発足しましたが、私たちのメンバーの多くが参加し、平和と音楽を愛する方々と一緒に活動をはじめています。


日本のうたごえ祭典
inひろしま1995
(提供・うたごえ新聞社)
―――11月4日から「日本のうたごえ祭典 inひろしま2005」が開催されますが、スローガンは「被爆60年 輝けいのち・憲法9条」ですね。
(小澤さん)
はい。憲法「改正」が叫ばれる状況の中で、戦後60年・被爆60年という節目の年に発信するメッセージはこれだと考え決めました。祭典には全国各地の合唱団から多くの人が集まり、その数は日々6000人くらいになると思います。平和や音楽を愛する人々の共同の祭典として成功させたいと思います。

―――うたごえ運動は日常的な活動においても平和や民主主義など憲法の理念を広げているのですね。
(小澤さん)


うたごえ祭典ひろしま
「うたごえ新聞」という週刊の新聞でも多くのうたごえの仲間とともに憲法の理念を語り合っています。憲法「改正」国民投票が実施されるかもしれない状況の中で、もっともっと平和や憲法9条の理念を広げなければならないと思っています。
音楽はそのための大きな力になります。音楽には人々を理屈抜きに感動させる力があります。また、平和や民主主義を考える人々の幅を広げる力を持っています。他の芸術などとともに文化活動がもっともっと大事にされる必要があります。

―――うたごえ運動の可能性は大きいですね。
(小澤さん)
そう思います。ただ、うたごえ運動が日常的に展開されている各地の合唱団の活動には苦労もあります。かつて職場の合唱団の活動が活発だったところが、労働強化の結果活動に支障が生じてきたりしています。
一方、ここ3〜4年で若い人たちがうたごえ運動の中でも自主的に創意ある活動をするようになってきている気がします。そのような活動が広がって欲しいし、広げていきたいと思っています。

―――平和や人権、民主主義など憲法の理念を広げるため、ぜひ引き続き連携させていただきたいと思います。

日本のうたごえ全国協議会の詳細はこちらへ(http://www.utagoe.gr.jp/

 


 
[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]