法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

シリーズ「中高生の生活と憲法」

 

第77回「ボランティア活動・社会奉仕活動」

2013年11月18日


 自発的にボランティア活動・社会奉仕活動に参加している中高生がいます。尊いことです。中高生のそのような活動は、中高生が主権者国民として成長していく場ともなり、保護者や学校が正しく評価し支援することが求められるでしょう。
 なお、そのような活動は強制されるものではありません。それは日本国憲法の「個人の尊重」(13条)の精神にも反します。その意味で、学校が生徒のボランティア活動を単位認定したり、それを進学や就職の際の資料とするようなことの問題点が指摘されています。
(法学館憲法研究所WEB編集部)


[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]